新田真剣佑&北村匠海『サヨナラまでの30分』青春感あふれる予告が公開

青春感スゴイ
青春感スゴイ - (C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 人気俳優の新田真剣佑北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』(2020年1月24日公開)の予告編が公開された。

【動画】新田真剣佑、北村匠海の美声!映画『サヨナラまでの30分』予告

 本作は、人と関わることが苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村)が、一年前に死んだバンドボーカルのアキ(新田)の遺したカセットテープを偶然拾ったことから物語が展開。颯太がテープを再生する30分だけ、なぜか颯太の中身がアキになる。

[PR]

 公開された映像では、リード曲「瞬間(sayonara ver.)」、アキと颯太が歌うもう一つのリード曲「もう二度と」が流れるなか、バンド「ECHOLL」の再結成、そして音楽を辞めてしまった恋人・カナ(久保田紗友)の笑顔を取り戻すため、颯太の体を借りて奔走するアキの姿が映し出される。颯太は、アキによってバンドメンバーと心を通わせ、次第にカナに惹かれていく。アキ、カナ、颯太の複雑な三角関係も描かれ、本編が気になる仕上がりに。

 熱唱するアキと、切なく涙を溜めた颯太の表情が印象的なポスタービジュアルも公開された。バンド「ECHOLL」のメンバーであるカナ、ヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)たちの青春感にあふれる姿が収められ、「アイツが彼女に会うたびに、僕も彼女を好きになる。」というコピーが切なさをにじませる。

02
追加キャスト3名 - (C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 また、追加キャストとして、喪失感を抱えるカナに明るく寄り添う母・村瀬しのぶ役で牧瀬里穂、就活に苦戦する颯太を見守る父・窪田修一役で筒井道隆、バンド「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役で松重豊が出演することが発表された。

 さらに、アーテスト名「ECHOLL /Rayons」として、オリジナルサウンドトラック「サヨナラまでの30分」が2020年1月22日に発売されることが決定。劇中バンド「ECHOLL」のナンバーと作曲家・ピアニストのRayonsによる劇伴曲が収録される。12月2日には「もう二度と」がアルバムから先行配信となる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]