Appleがオリジナル映画のプレミア上映中止 作品に懸念浮上

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
11月20日、Appleは初のオリジナル映画の1つ『The Banker』の世界プレミア上映会を中止すると発表。内容に関する懸念が浮上し、調査を行う。写真はAppleのロゴ。ニューヨークで先月撮影
11月20日、Appleは初のオリジナル映画の1つ『The Banker』の世界プレミア上映会を中止すると発表。内容に関する懸念が浮上し、調査を行う。写真はAppleのロゴ。ニューヨークで先月撮影 - (2019年 ロイター/Mike Segar)

[20日 ロイター] - 米Appleは20日、初のオリジナル映画の1つである『The Banker(銀行家)』の世界プレミア上映会を中止すると発表した。内容に関する懸念が浮上し、調査を行うことが理由。

【写真】キャストのアンソニー・マッキー

 長編映画『The Banker』は21日、ハリウッドで開かれるアメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)のイベントで初公開される予定だった。

[PR]

 Appleは発表文書で「社会の変化と金融リテラシーに関する面白く教育的な内容に感動し、『The Banker』を今年購入した」とした上で「先週、映画に関する懸念が浮上した」と説明。「映画製作者とわれわれは、問題を調べ次の対応を判断するために時間が必要だ」とした。

 同作は実話に基づいた作品で、アフリカ系米国人の事業家2人が、市民が銀行業における人種的な障壁を乗り越えるため手助けしようとするストーリー。アンソニー・マッキーサミュエル・L・ジャクソンが出演している。

 Appleは今月開始した動画配信サービス「Apple TV+(プラス)」向けに映画を購入している。

 『The Banker』は Apple TV+ での配信前に、12月6日に劇場公開が予定されているが、同社はこの予定に変更が生じるかどうか明らかにしていない。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]