片寄涼太、鼻かじキスは自ら提案!橋本環奈には内緒でトライ

鼻かじキスの裏話を明かした片寄涼太&橋本環奈

 GENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太が4日、都内で行われた映画『午前0時、キスしに来てよ』先行上映舞台あいさつに登壇し、鼻をかじるようにキスする“鼻かじキス”シーンの誕生秘話を語った。この日は、橋本環奈眞栄田郷敦遠藤憲一新城毅彦監督も来場した。

唇までカワイイ橋本環奈【イベント写真】

 みきもと凜の人気コミックを実写映画化した本作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄)と真面目な女子高生・花澤日奈々(橋本)が出会い、惹かれ合う姿が描かれる。GENERATIONSとして、また、役者として歩んできたすべての時間が役づくりにつながったという片寄は、「今まで出会ったことがないですし、今後も出会うことのない役だった」と感慨をにじませると、「この役を演じることができてとてもうれしかったですし、ほかの方がこの役をやっていたら、少し嫉妬しちゃうかなと思うくらい思い入れのある役どころです」と同役に対する熱い思いを語った。

[PR]

 そのため撮影にも力が入り、当初台本に「鼻にキス」と書いてあったところ、片寄は原作に忠実にしたい思いもあり、「(鼻かじキスに)挑戦してみませんか?」と監督やスタッフに相談したという。「(やってみて)変だったらやめよう」とも話したというが、実際は「とても印象的なシーンになってよかったです」と安どの表情。さらに同シーンは「橋本さんには秘密で本番やらせてもらいました」と衝撃告白も飛び出した。

 橋本いわく「今考えると怪しかった」そうで、「(片寄が新城)監督のブースでプロデューサーも含めて話をしていて入りづらい雰囲気」だったことや、「話に時間がかかっている」と感じたことを紹介。そんな中、撮影がスタート。橋本は「突然、本番がはじまったら鼻をかじられたんです」と訴えると、片寄は「字面だけ聞くと事故ですよ」とツッコミ。しかし橋本は「事故ですよ」とサラリと肯定し、「えっ! という感じです。キュンというより、かじった? みたいな。原作通り再現するんだぁと思いました」と目を丸くした。とはいえ、その素のリアクションがよかったようで、新城監督からは「素晴らしいリアクションでした」と褒められていた。

 一方、“マスク越しのキス”については、新城監督が今までにないキスのシチュエーションや、天候に恵まれた撮影だったことなどを含め、「史上最高のシーン」と絶賛するが、片寄は「手ごたえはなかったというか、やっぱりマスクを挟んでおりますので……」と苦笑い。橋本も「すごい新鮮ではありました。キスシーンという感覚も(なかった)……」としりすぼみになっていた。(取材・錦怜那)

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]