林遣都が1位!大河の主演をやってほしい俳優は?

林遣都 - Tony Barson / FilmMagic / Getty Images

 「次こそ大河の主演をやってほしい俳優ランキング」が、gooランキングにて発表され、1位に林遣都(3,543票)が輝いた。

かわいい!『バッテリー』の林遣都【画像】

 放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」や大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』など今年だけでも数多くの話題作に出演している林。映画『バッテリー』(2007年公開)の主役で俳優デビューしてから28歳の現在まで(12月6日で29歳)、幅広い役柄で経験を積み、実力派俳優として広く知られるようになった。若い頃からさまざまな作品で揉まれてきた林だからこそ、大河の主演に推す声が高まっているのかもしれない。

[PR]

 2位に選ばれたのは、三浦春馬(29歳)(2,268票)。幼少から子役として活躍し、ドラマ「14才の母 ~愛するために 生まれてきた~」(2006年放送)で注目された三浦も経験豊富な実力派。大河ドラマへは「おんな城主 直虎」(2017年放送)、「功名が辻」(2006年放送)、「武蔵 MUSASHI」(2003年放送)と3度の出演経験があり、「次は主役で」と期待する人も多いようだ。

 3位は佐藤健(30歳)(1,750票)。特撮ドラマ「仮面ライダー電王」(2007~2008年放送)で初主演を飾り、来年の夏には大ヒット主演シリーズの最終章となる実写版『るろうに剣心』が公開される佐藤。大河ドラマは「龍馬伝」(2010年放送)への出演経験がある。近年は朝ドラ「半分、青い。」のほか、「義母と娘のブルース」などでの好演が光り、ファン層をさらに広げていると言えるだろう。

 同ランキングは、gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスで行ったアンケート結果を集計したもの(投票数合計:1万5,214票、調査期間:2019年10月9日~23日)。新作発表のたびに注目を集めるNHKの大河ドラマをテーマに、「次こそ主演をやってほしいと思う俳優は誰なのか?」を調査・ランキング化した。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]