異例!『キャッツ』米公開後に視覚効果をアップデート、改良版が送られる

公開直後にアップデート!
公開直後にアップデート! - (c) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

 現地時間20日に全米公開された映画『キャッツ』に関して、米ユニバーサル・ピクチャーズが、視覚効果(VFX)をアップデートした改良版を米劇場に送付する通知を出したと、The Hollywood Reporter が報じた。劇場公開中の作品がアップデートされ、改良版が送られるのは異例ともいえる。

人気俳優が猫に!映画『キャッツ』新予告編【動画】

 同サイトの情報筋によると、改良版は“いくつかの視覚効果がアップデートされた”もので、メガホンを取ったトム・フーパー監督の要望で改良が施されたという。フーパー監督は、現地時間16日に行われた本作のワールドプレミアに間に合うよう、作品を急ピッチで完成させており、同サイトの情報筋は、監督が視覚効果を微調整したがっていたとも伝えている。

[PR]

 修正版は、現地時間22日に衛星サーバーを通してダウンロードされるとのこと。またサーバーにアクセスできない劇場については、現地時間24日までにハードディスクで届けられるそうで、スタジオは現状のバージョンからの早急な差し替えを要求している。

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」を実写映画化した本作には、テイラー・スウィフトイドリス・エルバジェイソン・デルーロジェームズ・コーデンジェニファー・ハドソンイアン・マッケランといった豪華俳優陣が集結。日本公開は2020年1月24日を予定しており、吹き替え版には、葵わかな山崎育三郎秋山竜次森崎ウィン大竹しのぶといった顔ぶれが揃った。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]