広瀬すず&吉沢亮が豹変!『一度死んでみた』新カット!

広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルに!
広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルに! - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

 広瀬すず吉沢亮が共演する映画『一度死んでみた』より、新たな場面カットが公開された。連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)で共演した広瀬と吉沢の豹変ぶりを見ることができる。

吉沢亮のメガネ姿&池田エライザのキャバ嬢姿も!【画像】

 本作は、売れないデスメタルバンドのボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬)が主人公のコメディー作品。ライバル会社の陰謀から会社を守るため、「2日だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態となった父の計(堤真一)のピンチを救うべく、父親のことが大嫌いな七瀬が立ち上がる。吉沢は七瀬とともに奮闘する、計の部下・松岡を演じる。

[PR]

 今回公開された場面カットでは、マイクを手に熱唱する七瀬を演じる広瀬をはじめ、存在感の薄い地味なメガネ姿の吉沢、そして口がしゃくれたまま仮死状態に陥った計を熱演する堤など、これまでとはひと味違うキャストの魅力が切り取られている。ほかにリリー・フランキー小澤征悦松田翔太嶋田久作池田エライザ木村多江妻夫木聡といった豪華共演者たちの劇中姿も捉えられている。

一度死んでみた
(C) 2020 松竹 フジテレビジョン

 au「三太郎」シリーズなどを演出した浜崎慎治が映画初監督を務めた本作。脚本をソフトバンク「白戸家」シリーズなどを手掛けてきたCMプランナー、クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が担当した。(編集部・大内啓輔)

映画『一度死んでみた』は2020年3月20日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]