『スター・ウォーズ』オビ=ワン単独ドラマ、製作棚上げ…ルーカスフィルム社長が脚本に納得せず

ユアン・マクレガーが演じるオビ=ワン・ケノービ
ユアン・マクレガーが演じるオビ=ワン・ケノービ - Lucasfilm Ltd. / 20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、オビ=ワン・ケノービを主人公とした実写ドラマシリーズの製作が棚上げになったと、Colliderが報じた。

【動画】感動的…『スター・ウォーズ』42年の歴史が凝縮した特別映像

 ディズニーの動画配信サービス「Disney+」向けに製作される本作は、『スター・ウォーズ』エピソード1~3でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーがシリーズに復帰。配信中の『スター・ウォーズ』実写ドラマ「マンダロリアン」にも参加した、デボラ・チョウ監督がメガホンを取ることになっている。

[PR]

 同サイトの情報筋によると、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディホセイン・アミニ(『47RONIN』)が執筆した脚本に納得しておらず、脚本のリライトが必要になったという。ロンドンのパインウッド・スタジオに集まった撮影クルーは解散し、ドラマ製作は“無期限”中止と伝えられたとも報じている。

 また The Hollywood Reporter は、本作の脚本が「マンダロリアン」と似すぎている懸念があったとも伝えている。ルーカスフィルムはホセインに代わる新たな脚本家探しに着手しており、ドラマシリーズは全6話から全4話構成に変更になるという。

 脚本のトラブルによって製作が棚上げになってしまったが、Colliderは、製作陣が今夏の製作再開を目標にしていると報じている。ユアンは昨年10月、Men's Journal のインタビューでドラマシリーズについて「舞台はエピソード3と4の間で、ジェダイ・オーダーは崩壊してしまった。エピソード3でジェダイが抹殺された事実を扱うことで、オビ=ワンの物語はとても興味深いものになると思う」と語っていた。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]