今夜「半沢直樹」に吉沢亮登場!「待ち遠しい」とファン悲鳴

「半沢直樹」第3話より高坂圭(吉沢亮)
「半沢直樹」第3話より高坂圭(吉沢亮) - (C)TBS

 本日(2日)に放送される日曜劇場「半沢直樹」(TBS系、毎週日曜夜9時~)第3話に、吉沢亮が登場。今年1月に放送されたスピンオフドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~」で演じた凄腕プログラマー・高坂圭を続投する。

【写真】黒崎も登場!「半沢直樹」3話場面写真

 第3話では、東京セントラル証券の半沢(堺雅人)がIT企業「スパイラル」の社長・瀬名(尾上松也)とアドバイザー契約を結び、スパイラル買収を図る「電脳雑伎集団」(南野陽子土田英生)と手を組む親会社・東京中央銀行との全面戦争に突入。そんな矢先、突然、セントラル証券に黒崎駿一(片岡愛之助)ら証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。さらに、検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

[PR]

 吉沢演じる高坂が登場するのは、半沢が水面下で進めている逆買収の計画が黒崎に見つかる危機を迎える局面でのこと。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま部下の高坂に指示し、データを消去しようと試みる。

 高坂はスピンオフドラマでも、東京セントラル証券の証券トレーディング新システム稼働日に半沢の危機を救ったことがあったが、本編ではどのように半沢と絡むのか。予告編では「全力を尽くすことを約束します」とPCに向かう高坂の姿が見られる。

 スピンオフドラマでは、プログラマーとしてずば抜けた能力をもちながらも暗い過去に苦しむ高坂の哀しい側面も描かれた。半沢の後輩で研修中の社員だった占い好きの浜村瞳(今田美桜)と親しくなる過程もあり、2人の交流も注目を浴びていた。吉沢の出演は先週、第2話の放送後に発表され、吉沢の公式Twitterでは半沢の部下・森山を演じる賀来賢人との2ショットを披露。吉沢が本編にも出演するとは思っていなかったファンが多かったようで「うれしいサプライズ」「待ち遠しい」と色めき立っている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]