米女優ジュリア・ルイス=ドレイファス、民主党大会でトランプ大統領を揶揄

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
米女優でコメディアンのジュリア・ルイス=ドレイファスさん(写真)は、米野党・民主党の全国党大会最終日の20日に司会役を務め、トランプ米大統領を揶揄(やゆ)するジョークを連発した。
米女優でコメディアンのジュリア・ルイス=ドレイファスさん(写真)は、米野党・民主党の全国党大会最終日の20日に司会役を務め、トランプ米大統領を揶揄(やゆ)するジョークを連発した。 - (2020年 ロイター/2020 Democratic National Convention/Pool via REUTERS)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米女優でコメディアンのジュリア・ルイス=ドレイファスさんは、米野党・民主党の全国党大会最終日の20日に司会役を務め、トランプ米大統領を揶揄(やゆ)するジョークを連発、会場は笑いの渦に包まれた。

【写真】「Veep/ヴィープ」のジュリア・ルイス=ドレイファスさん

 ルイス=ドレイファスさんは自身を労組員、環境活動家、愛国的民主党員と紹介した後、「トランプ氏はあす、私のことをもう終わった人間だとか、馬面だとか、才能がないとか、低評価だとかツイートするのでしょうね」とし「自分もそうでしょ、と言いたい」とコメントした。

[PR]

 また、民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領の信仰に関するビデオ上映の後、ルイス=ドレイファスさんは、トランプ氏が6月に警備隊に付き添われてホワイトハウス近くのラファイエット広場の教会を訪れ、カメラの前で聖書を掲げてみせた有名な出来事に言及。

 「バイデン氏は頻繁に教会に通っているから、教会に到着するのに催涙ガスや連邦軍の援助はいらない」と皮肉った。

 ルイス=ドレイファスさんはHBOの人気コメディドラマ「Veep/ヴィープ」で副大統領役を演じた。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]