藤原竜也主演「青のSP」初回に反響 スクールポリスは必要?

「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」第1話より
「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」第1話より

 藤原竜也主演のカンテレ・フジテレビ系1月期ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(毎週火曜よる9時~)が12日よりスタートし、ネット上では藤原演じる型破りな刑事に加え、「スクールポリスは必要か否か?」などの感想で盛り上がっている。

【写真】机の引き出しからネズミの死骸!2話場面写真

 本作は、佐々木充郭の小説「スクールポリス」を原案に、「もしも公立中学に警察官が常駐したら?」という架空の設定を描く1話完結型の学園サスペンス。この制度が試験導入されたとある中学校に配属された警視庁捜査一課の刑事・嶋田隆平(藤原)が、校内で起きるSNS、薬物、盗撮、マタハラ、セクハラなどさまざまなトラブルを解決していくさまを描く。

[PR]

 主人公の嶋田は洞察力に優れ、常に冷静沈着で「法に触れれば教師であろうが生徒であろうが容赦なく逮捕する」がモットー。刑事としては一流だが、ギョッとするような行動を起こすこともしばしばで感情が抜け落ちているかのような印象だ。第1話では、配属されるなり授業中に椅子で窓ガラスを割る騒ぎを起こした生徒・真田(中川翼)を器物破損と暴行罪で逮捕。そんな矢先、嶋田が生徒を取りおさえる一部始終を収めた動画がSNSで拡散され、流出させた犯人を巡る哀しい真相が描かれた。

 1話では冒頭の街中のシーンから、藤原のキレのあるアクションがさく裂。また、動画流出事件を巡る展開に「ハラハラした」「目が離せない」「心に刺さった」といった感想が寄せられる一方、「スクールポリスの必要性を考えさせられた」「導入してほしい」などスクールポリスの存在意義についてさまざまな意見が寄せられている。

スクールポリス
嶋田と衝突する国語教師・浅村(真木よう子)

 劇中、スクールポリス制度に異議を唱える人物の代表格として描かれるのが、真木よう子演じる国語教師・浅村。生徒の事情を汲んで話し合いをすることで問題を解決しようとする浅村は、問答無用で生徒を逮捕する嶋田とそりが合わず衝突の繰り返し。そんな水と油の2人の関係のほか、嶋田の過去も今後の展開の肝になる模様。捜査一課のエースである嶋田が、なぜスクールポリスに志願したのか。後輩の三枝(山田裕貴)は、嶋田が「ある時期から変わった」というが、彼に何があったのか?

 第2話では、以前から何者かに嫌がらせを受けているという妊娠中の英語教師・水野(山口紗弥加)を軸にしたエピソードが展開する。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]