ゴッサム賞作品賞は『ノマドランド』!

日本公開は3月26日! - 映画『ノマドランド』より
日本公開は3月26日! - 映画『ノマドランド』より - (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

 インディペンデント映画を対象にした第30回ゴッサム賞授賞式が現地時間11日、ニューヨークで開催され、映画『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドが主演を務めたロードムービー『ノマドランド』が作品賞に輝いた。

【画像】『スリー・ビルボード』でのフランシス・マクドーマンド

 『ノマドランド』は、第77回ベネチア国際映画祭で金獅子賞、第45回トロント国際映画祭で観客賞に輝き、早くからアカデミー賞の有力候補として注目されていた作品。ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション小説を原作に、「ノマド(遊牧民)」と呼ばれる車上生活者の生きざまを描く。メガホンを取ったクロエ・ジャオ監督は前作『ザ・ライダー』(2017)でもゴッサム賞作品賞を獲得していた。『ノマドランド』はゴッサム観客賞も受賞し、二冠を達成した。

[PR]

 男優賞は『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』のリズ・アーメッド、女優賞は『ミス・ジューンティーンス(原題) / Miss Juneteenth』のニコール・ベハーリーが受賞。また、功労賞にあたる「キャリア・トリビュート」がヴィオラ・デイヴィス、故チャドウィック・ボーズマンさん、スティーヴ・マックィーン監督、「インダストリー・トリビュート」がプロデューサーのライアン・マーフィーに贈られた。(編集部・市川遥)

第30回ゴッサム賞の受賞結果は以下の通り。
■作品賞
『ノマドランド』

■男優賞
リズ・アーメッド 『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』

■女優賞
ニコール・ベハーリー 『ミス・ジューンティーンス(原題) / Miss Juneteenth』

■脚本賞
ラダ・ブランク 『40歳の解釈:ラダの場合
ダン・サリット 『フォーティーン(原題) / Fourteen』

■ゴッサム観客賞
『ノマドランド』

■ビンガム・レイ・ブレイクスルー監督賞
アンドリュー・パターソン 『ヴァスト・オブ・ナイト』

■ブレイクスルー俳優賞
キングズリー・ベン=アディル 『あの夜、マイアミで』

[PR]

■ドキュメンタリー賞
『ア・サウザンド・カッツ(原題) / A Thousand Cuts』
『タイム』

■国際映画賞
『アイデンティファイイング・フィーチャーズ(英題) / Identifying Features』(メキシコ・スペイン)

■ブレイクスルーシリーズ賞(40分以上のシリーズ)
「ウォッチメン」

■ブレイクスルーシリーズ賞(40分以内のシリーズ)
「アイ・メイ・デストロイ・ユー(原題) / I May Destroy You」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]