猪野広樹、舞台「双牙~ソウガ~」新炎で迫力のアクション!

甲冑をまといアクション!
甲冑をまといアクション!

 5日、猪野広樹伊崎龍次郎がダブル主演を務める舞台「双牙~ソウガ~」新炎の公開ゲネプロが東京都足立区にあるシアター1010にて行われた。

イケメン!猪野広樹【写真】

 2009年に初演が上演され、2014年までに3度上演されたトライフルエンターテインメントのオリジナル舞台。領土は小さいが豊かな経済力を持ち、他国の侵略を許していなかった椎名家が誇る「椎名の矛」武将・オウカ(猪野)と「椎名の盾」軍師・ツムギ(伊崎)。天下統一を狙う“ゲンシュウ軍”に襲撃されて敵同士となりながら、互いに椎名家の再興を模索する。

[PR]

 パルクールの要素がアクションに取り入れられており、猪野は劇中、二本の刀を携えての殺陣など、迫力のアクションをこなしている。甲冑をまとって男気あふれるオウカを体現し、一方の伊崎もツムギを熱演。どこか表情に憂いを帯び、知的かつ繊細なツムギの個性を風貌や語り口調で表現している。

 猪野、伊崎のほか、杉江大志櫻井圭登中村太郎田中尚輝小玉久仁子小泉萌香萩野崇笠原紳司も出演している。オウカとツムギの間に立つ魅力的なヒロイン・シズクを演じる小泉は美しい着物姿も披露。シズクを巡る微妙な恋心がふと顔を覗かせ、交錯するシーンもあり、目が離せない展開にドキドキさせられる。ゲンシュウ役の笠原の迫力ある演技も圧巻だ。

双牙

 シナリオの良さはもちろん、衣装や美術も美しく見所は多い。アクションに加えてコメディー要素も随所に散りばめられ、猪野や伊崎が愛らしい笑顔や表情を見せるシーンもあった。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「双牙~ソウガ~」新炎は3月5日~3月14日にシアター1010で上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]