米大手映画館、コロナワクチン接種済みならマスク着用不要に

米映画館チェーン大手3社では、新型コロナウイルスワクチン接種を完全に済ませた観客はマスクの着用が不要となった。写真は米ニュージャージー州の映画館。4月撮影
米映画館チェーン大手3社では、新型コロナウイルスワクチン接種を完全に済ませた観客はマスクの着用が不要となった。写真は米ニュージャージー州の映画館。4月撮影 - (2021年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 5月28日 ロイター] - 米映画館チェーン大手3社では、新型コロナウイルスワクチン接種を完全に済ませた観客はマスクの着用が不要となった。

【画像】今後は『ワイルド・スピード』新作など話題作が目白押し

 AMCエンターテイメント・ホールディングスはウェブサイトで「米疾病対策センター(CDC)のガイドラインに従い、完全にワクチン接種を受けたお客様は、マスク着用の必要はありません」と発表した。

[PR]

 AMCのほか、シネマーク・ホールディングス、シネワールド・グループ傘下の「リーガル」も5月28日、それぞれのウェブサイトでガイドラインを発表。完全に予防接種を受けていない観客には、引き続きマスクの着用を求めるとした。また、社会的距離を維持する措置や消毒などの措置も継続するとした。

 マスク着用に関しては、3社とも各州および地自治体の方針に従うとしている。

 映画館は新型コロナウイルス対策として長期にわたり閉館されてきたが、先週から「大スクリーンが帰ってきた」キャンペーンを展開。アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの新作やスーパーヒーロー映画『ブラック・ウィドウ』など話題作が目白押しとなっている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]