ADVERTISEMENT

ブリトニー・スピアーズの後見制度、地裁が11月判断へ 父の財産管理停止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
カリフォルニア州ビバリーヒルズで2018年4月撮影
カリフォルニア州ビバリーヒルズで2018年4月撮影 - (2021年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米ロサンゼルス郡地裁は29日、歌手ブリトニー・スピアーズさん(39)の成年後見人を務める父親ジェイミーさんについて、娘の6,000万ドルに上る財産の管理権限を停止した。

若い!ブリトニー・スピアーズ【写真】

 また、11月12日に後見制度解除の是非を決める審問を開くことも決めた。

ADVERTISEMENT

 スピアーズさんの精神衰弱を理由に、地裁は2008年にジェイミーさんを後見人に指定。治療や自宅への訪問者など日常生活の管理を行ってきたが、スピアーズさんは昨年、適用解除を求めて法的手続きを開始した。ジェイミーさんは娘が保有する財産の共同後見人でもあった。

 米紙ニューヨーク・タイムズが先週公開したドキュメンタリーによると、スピアーズさんの携帯電話や寝室の様子がジェイミーさんの雇った警備員に盗聴されており、知人や子どもなどとの会話が監視されていたと、元警備スタッフが明らかにした。ジェイミーさんはこれについて、後見人としての権限の範囲内と釈明している。

 スピアーズさんは今月、長年交際しているサム・アスガリさんとの婚約を発表した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT