ADVERTISEMENT

「オリバーな犬」ラストに騒然!張り巡らされた仕掛けに驚き&感動

「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」最終話より
「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」最終話より

 オダギリジョー脚本・演出・編集・出演のドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(よる10時~NHK総合ほか)シーズン2の最終話が4日に放送され、衝撃のラストにネット上では「えええええ!」「まさか…」など騒然となった。放送後、タイトルのほかオダギリジョーの名もトレンド入りし、「オダギリジョー天才」「すごいものを見せられた気がした」「最高かよ」など驚き、感動の声でにぎわっている(※ネタバレあり。最終話の詳細に触れています)。

シーズン2、衝撃の最終話

 本作は、鑑識課警察犬係に所属する警察官・青葉一平(池松壮亮)が、相棒である警察犬オリバー(オダギリ)と共に不可解な事件の数々に挑んでいく物語。シェパード犬のオリバーはなぜか主人公の一平と視聴者にだけ、犬の着ぐるみ姿の「おじさん」に見える設定になっている。前シーズンから持ち越された、11年前に失踪した美少女・北條かすみ(玉城ティナ)、そして事件のカギを握ると思われたヤクザ組織「関東明神会」の若頭・龍門(松重豊)が殺害された事件。最終話となる6話は中盤まで割とのんきなムードで進んでいただけに、「本当に終わるのか」と不安視する声も多く見られたが、終盤に一気に謎が回収されることとなった。

ADVERTISEMENT

~以下ネタバレあり~

 一平とオリバーに北条かすみ殺しを自供した「関東明神会」の渡(仲野太賀)だが、本当に彼が犯人なのか……? 事態が急展開を迎えたのは、一平と漆原(麻生久美子)、フリーライターの溝口(永瀬正敏)、スーパーボランティアの小西さん(佐藤浩市)らが、トントン牧場の秘密クラブに潜入してからのこと。無事にオリバーを救出したと思ったら、サイレンが鳴り出すと同時に、一連の事件の黒幕と思われていたトントン牧場の所有者で謎めいた老紳士・神々廻(橋爪功)が登場。神々廻と一平らが放送禁止用語連発の会話を繰り出し、いつの間にか場は舞台の上へと変わり、オリバーと小西さんが観客として舞台を観劇しているというシュールなシチュエーションに。

 渡、殺し屋のマイケル(染谷将太)と関係者が続々登場して告白。マイケルに至っては「そうさオイラさ。オイラの仕業さ。オイラしがない殺し屋稼業♪」と歌い踊りながらあっさり龍門殺しを自供。さらに、北条かすみ殺しの真相のほか、ほーちゃん(高良健吾)の耳が切り落とされた経緯といった謎も明かされた。

 唐突に舞台やミュージカルが展開される事態に、視聴者は「カオスにカオス」「いきなりミュージカル!?」「何この舞台劇」「どういうエンディングになるんだ…」と混乱。

ADVERTISEMENT

 終盤には鑑識課・警察犬係のユキナ(本田翼)や課長(國村隼)に加え、音楽を担当していた森雅樹、主題歌のEGO-WRAPPIN’も登場する大団円に。やはり神々廻がすべての黒幕というオチになるかと思いきや、彼の幼なじみだという警察犬の飼育係・志村(鈴木慶一)が「こいつは神々廻くんじゃない。神々廻くんの皮を被った別人だ」と衝撃発言。神々廻が高笑いと共にヘリコプターで去っていく最中、おもむろにマスクを脱ぎ捨てて正体を現すと、視聴者は「神々廻が●●!」「まさかの●●」「驚愕のラスト」と騒然。またしても視聴者を煙に巻くラストとなった。

 ラストは一平の「所詮、人生は夢と現実のはざまを行き来しているだけなのだろうか。寄せては返す波と同様、泡と藻屑の果てに消えるのだろうか。この後の僕たちがどうなったのか。その話はまた機会があれば折をみて……」という言葉で結ばれていた。果たして物語の続きはあるのか? 期待して待ちたい。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT