ADVERTISEMENT

福原遥、目黒蓮との撮影を振り返り「なに~~~(怒)!? 」

航空学校編スタート!
航空学校編スタート! - (C) NHK

 NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土、総合・午前8時~ほか)で、ヒロイン・岩倉舞を演じる福原遥が、航空学校編についての撮影エピソードを明かした。

【画像】福原遥の制服姿

 連続テレビ小説の第107作となる本作は、引っ込み思案のヒロイン・岩倉舞が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。桑原亮子嶋田うれ葉佃良太が脚本を手掛け、さだまさしが語りを担当する。出演者は福原のほか、横山裕高橋克典永作博美赤楚衛二山下美月目黒蓮Snow Man)、高杉真宙らが名を連ねる。(今井優)

ADVERTISEMENT

Q:今回の撮影に入る前、福原さんは実際に飛行機を操縦したということですがいかがでしたか?

一生体験することはないだろうなと思うような体験をさせていただき ました!!(必要な講習を受けて許可書を取得したうえで)実際に訓練区域内を飛行し、少し曲がったり下がったりさせてもらいました。操縦桿(かん)を少し動かすだけで機体は結構曲がるので 緊張しました。車を運転した経験がなかったら、もっと焦っていたか もしれないです。景色もすごくきれいで感動的でした。操縦席からの景色は客席からとは全然違って目の前一面が空なんです! 雲の上だから本当に夢の中のようで 、「今、現実なのかなぁ」と不思議な感覚になりました。こんな経験は二度とないから、ちゃんと目に焼き付けておかなくちゃ! って。小型飛行機のプロペラの音がすごく体に響いたのも、印象に残っています。お芝居するうえでとても役立つ体験でした。

Q:航空学校編で大変だったことを教えてください。

本当に難しい専門用語が多くて、セリフに苦戦しました。普通の勉強も苦手なので、こんなに頭が良い航空学生のセリフ、どこから覚えようと。単語をひとつずつ必死で覚えて、その意味を実際の訓練生の方に教えてもらって、皆さんに助けていただきました。覚えるコツを皆さんに聞きたいくらいです。私はまず言葉の意味を知って、あとはひたすら口に出して読んで、耳で聞く。目と口と耳、全部に入れて覚えました。共演者のみんなも難しいセリフがいっぱいで、一緒に頑張ろうね、と励まし合いながらやっていました。

ADVERTISEMENT

Q:航空学校編の現場はどんな雰囲気ですか?

航空学校編の共演者のみなさんとは、気づかない間にまとまっていた感覚です。プライベートというよりも、スタジオに入ってお芝居をしていくなかでみんなが仲良くなっている感覚でした。それがうれしいですね。ひとつのところに向かって一緒に頑張ろう! という見えない絆みたいなものを感じられて、居心地がいいんです。それぞれがいい作品にしたい! という強い思いを持っているのも心強いです。このメンバーでよかった! とすごく思いました。矢野倫子役の山崎紘菜さんとは、5年ほど前に共演したときから仲良し。今回も一緒と聞いたときは、本当に心強かったです! 役としても厚い友情で結ばれる 設定だったので、もうそのままできるなと思いました。紘菜さんは、いつもみんなを笑わせて笑顔にしてくれます。

Q:航空学校編で印象的だったシーンを教えてください。

柏木さん(目黒蓮さん)と舞は、正反対の2人。柏木さんの登場シーンは、私自身も「なに~~~(怒)!? 」と思ったぐらい、本当に失礼でしたよね(笑)。でも、舞がムキになったり怒ったりする相手って、お兄ちゃんは別として、初めてなんです。けんかしながらも、なんでも言い合える、そんな関係性がすてき だなと思いました。舞が人と言い争うシーンはほかにあまりないので、撮影もすごく楽しかったです。

ADVERTISEMENT

Q:航空学校編の見どころと、視聴者の皆さんへのメッセージをお願いします!

航空学校は、本当に厳しい世界。まさか舞がそこに行くとは、小さな頃の姿から想像もできませんでした。人ってこんなに変われるんだ、こんなに成長できるんだとこの作品に私自身も励まされています。「自分で何かしたい」「自分でこのチームをまとめなきゃ」と、行動に移せるようになってきた舞の成長にご注目ください。今週以降は、個性豊かなメンバーとの掛け合いも増えていきます。テンポよく演じてコメディー要素も楽しんでもらえたらいいなと思っていますので、皆さまどうぞお楽しみに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT