ADVERTISEMENT

中村勘九郎が家康を救う男に!大河ドラマ「どうする家康」新キャスト7名発表

豪華キャスト陣が続々決定!
豪華キャスト陣が続々決定!

 松本潤主演の大河ドラマ「どうする家康」(2023年1月8日スタート※初回15分拡大)の新キャスト7名が、1日にドラマの公式Twitterで発表され、酒向芳立川談春大貫勇輔田辺誠一市川右團次古川琴音中村勘九郎が出演することがわかった。大貫、市川、古川は大河初出演となる。

【画像】「どうする家康」東海先行ビジュアル

 本作は、脚本をドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズなどの古沢良太が担当し、徳川家康(松本潤)の生涯を新たな視点で描く物語。演出統括を大河ドラマ「八重の桜」の加藤拓、音楽をピアニスト・作曲家の稲本響が務める。すでに、有村架純(瀬名/築山殿役)、岡田准一(織田信長役)、ムロツヨシ(豊臣秀吉役)、野村萬斎(今川義元役)、阿部寛 (武田信玄役)ら豪華キャスト陣の出演が発表されている。

ADVERTISEMENT

 今回発表になったのは7名。酒向が物語のキーマンとなる明智光秀、立川が信長の父・信秀(藤岡弘、)の代から織田家に仕える筆頭家老・佐久間信盛、大貫が北近江の戦国大名・浅井長政、田辺が武田氏の一門・穴山家の当主・穴山梅雪(信君)、市川が本證寺の住職・空誓 (くうせい)上人、古川が乱世を見つめたミステリアスな歩き巫女、中村が茶屋清延/四郎次郎(ちゃや・きよのぶ/しろじろう)を演じる。

 大河ドラマ出演3度目となる中村が演じる茶屋清延/四郎次郎は、ちっぽけな三河の田舎大名・徳川家康に財を預け、出世を見込んで大博打を打った商魂たくましい陽気な男。数々のピンチを救い、家康のサクセストーリーとともに国づくりを支え、日本一への豪商へとのしあがるキャラクター。中村は「徳川家康の御用商人として取り立てられた茶屋四郎次郎、家康の数々のピンチを救った男ですが、公私ともに仲が良い“松本”家康殿の為、身を粉にしてお仕えしたいと思います。『茶屋四郎次郎にお任せあれ!!』」と意気込みを語った。

 また2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で主演を務めた経験について「一年をかけて一人の人物を演じるということはなかなか無いので、思い入れも強くなってきますし、勘九郎なのか、その人物なのかわからなくなったり、錯覚してくる時もしばしばあります。そういう経験ができるというのは大河ドラマでしかないので貴重な現場です」と振り返った。(今井優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT