スカイウォーカー家とジェダイの関係は?~第3回ジェダイへの道『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観る前に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スター・ウォーズ』の本家シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開に向けて「ジェダイ」の基本を短期集中連載で徹底紹介していく。今回はスカイウォーカー家に注目。『最後のジェダイ』の本予告を踏まえて、アナキンからカイロ・レンまで、スカイウォーカー家のジェダイたちとその修行をピックアップします!(文・平沢薫)

ダース・ベイダー
もとはジェダイだったダース・ベイダー - Lucasfilm Ltd./Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『スター・ウォーズ』は、銀河を舞台に善と悪の戦いを描く壮大なストーリーでありつつ、スカイウォーカー家という一つの家族の物語でもある。そこで、この一家出身のジェダイおよびフォース感応者たちの修行を復習し、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の本予告から次のジェダイの修行を予測してみよう。

<注意>本予告とは、公式サイトで「本予告」という名前で公開されている予告編のこと(http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi/video.html)

[PR]

パート1:スカイウォーカー家のジェダイ&フォース感応者たち

 スカイウォーカー家は、アナキンとルークというジェダイを輩出した(以下のスカイウォーカー家系図を参照)。この2人はフォースへの感応力が強く、アナキンは、ジェダイの予言にある「フォースにバランスをもたらす者」「選ばれし者」ではないかと言われたほど。しかし、そのような素質に恵まれながら、ジェダイへの道が平坦ではないのが、この一家の宿命のようだ。

スカイウォーカー家系図
スカイウォーカー家系図

・スカイウォーカー家の最初のジェダイ!アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)

 辺境の惑星で暮らす機械いじりの得意な幼い少年が、ジェダイのクワイ=ガン・ジンに能力を見出され、彼の弟子オビ=ワン・ケノービのもとで修行をしてジェダイになる。しかし、シスの暗黒卿ダース・シディアスに誘惑されてダークサイドに落ち、ダース・ベイダーになってしまう。

アナキン・スカイウォーカー
幼少期より並外れたファースの感応力を持っていたアナキン『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』より - Lucasfilm Ltd. / 20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

・人間味あふれるジェダイ!ルーク・スカイウォーカー

 辺境の惑星育ち、機械いじりが得意なのはアナキンと同じだが、彼は青年になってからジェダイのオビ=ワン・ケノービと出会う。オビ=ワンの導きによりヨーダのもとで修行をするが、仲間たちを助けるために修行を途中で放棄。その後、修行を再開してジェダイになる。

・修業の途中で断念!ベン・ソロ(カイロ・レン)

 ルークのもとでジェダイの修行をしていたが、ダークサイドに落ちて、ファースト・オーダーの最高指導者スノークと共に行動している。しかし、本予告でマスクを壁に投げつけるシーンもあり、これからどうなるかは未知数。

カイロ・レン
カイロ・レンはハン・ソロとレイアの息子なのだが……『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より - (c)Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

・おまけ:スカイウォーカー家とどんな関係が?レイ

 スカイウォーカー家との関係は不明だが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でカイロ・レンが彼女の存在を知っていたので何か関係がある? 自分にフォースへの感応力があることを知ったばかりで、まだジェダイの修行はしていない。

レイ役のデイジー・リドリー
スカイウォーカー家と関係があるかも!? レイ役のデイジー・リドリー - Jeff Spicer / Getty Images

パート2:ジェダイの修行中にダークサイドを見る!?

 『スター・ウォーズ』は3部作の第2作で主人公がジェダイ修行をするのがお決まり!? アナキンはエピソード2『スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃』で、ルークはエピソード5『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』でジェダイの修行をした。そして2人とも修行途中で、ダークサイドを垣間見るような体験をしているので『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でも誰かがそんな体験をする可能性大。それはレイなのか、カイロ・レンなのか、ひょっとしてルークなのか?

 余談だが、3部作の第2作では、主人公の右腕が切り落とされるのもお約束? 今回も誰かが右腕を失うのかも。本予告のルークの義手が、機械がむき出しになった状態なのも気になる。では、修業中での出来事を見てみよう。

・悲しみが引き金に!アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)

 修行中は悩みだらけ。オビ=ワンのもとでの修行で優れた力を発揮するが、自分の能力が正当に評価されていないという不満を抱く。また、ジェダイには結婚が禁じられているが、恋に落ちて結婚。また母の死を知った時は、ダークサイドに落ちたかのような虐殺な復讐をしてしまう。

アナキン・スカイウォーカー
怒りに満ちたアナキン・スカイウォーカー『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』より - Lucasfilm Ltd. / Photofest / ゲッティ イメージズ

・弱い心を克服!ルーク・スカイウォーカー

 修行中、なかなかフォースの力を身につけられない。すぐに諦めてしまいそうになり、そのたびヨーダに「辛抱が足りない」と言われる。修行で“自分自身の怒りと恐怖に出会う場所”に入り、ダークサイドのような暗い場所でダース・ベイダーの幻影を倒すが、そのマスクの下に自分の顔があるのを見る。

ルークマーク・ハミル
精神面の修行に苦労するルーク『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』より - Lucasfilm Ltd. / Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

・何の力に恐れるのか?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のルーク

 今は辺境の惑星にいるルークは、果たして彼はレイにジェダイの訓練をするのか? 気になるのは本予告の彼の言葉。「私は究極の力を知っている」は「I've seen this raw strength only once before. 」直訳すると「私はこの未加工の(=まだ訓練されていない)力を、かつて一度だけ見たことがある」。続けて「かつてはこの力を恐れなかったが、今は違う」と言うので、この力はかなり強力なもの。この力とはレイの力のこと? かつて見たのはカイロ・レンの力? ルークが今“この力”を恐れる理由は?

・光と影に揺れ動く?ベン・ソロ(カイロ・レン)

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の終わり近くで最高指導者スノークが「奴の修行を終わらせる時が来た」と発言しており、彼にも何かの修行が行われるはず。それはどんな修行なのか。本予告には彼がレイアへの攻撃に向かうかのような映像や、彼がレイに手を差し伸べるように見える映像もあるが、映像の編集でそう見せているだけだという説もある。

カイロ・レン
本作の重要なポジションを締めているカイロ・レン『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より - Albert L. Ortega / Getty Images

・おまけ:ついに修業開始!?レイ

 レイは修行を熱望中。本予告にも「私の中に眠っていた何かがついに覚醒した。助けが必要なの」というセリフがある。彼女を導くのはルークなのか、それともカイロ・レンなのか!?

 さて、今はルークが最後のジェダイになってしまったが、かつてはユニークなジェダイが多数いた。次回は、スカイウォーカー家以外のジェダイたちを見てみよう。

第1回「ジェダイ」がキーワード!
第2回ジェダイの歴史と基礎用語をおさらい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]