こんな「極大射程」が観たかった!これぞ大人の本格アクション!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
画像テキスト
絶対に的をはずさない、海外ドラマ界最強のヒーロー、それがスワガーだ。

 元アメリカ軍の凄腕スナイパーを主人公に、緻密な銃器描写と手に汗握るガンアクション、幾層もの罠が仕掛けられた重厚なミステリーが展開する伝説のミステリー小説「極大射程」がドラマ化された。かつて映画化もされた「極大射程」だが、ドラマはより緻密でリアル! 本物のプロフェッショナルの活躍を描いた、原作ファンも大満足間違いなしの一大エンターテインメント、それが「ザ・シューター」だ!

『96時間』『ボーン』並みの新ヒーローそれがスワガー!

画像テキスト
戦場の英雄だったスワガーだが、相棒ドニー(左)の死が心に重くのしかかる。

 『96時間』のブライアン・ミルズ、『ボーン』シリーズのジェイソン・ボーン、「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアー……。映画・ドラマの世界では、冷静な判断力と強靭な精神、驚異の戦闘能力を併せ持つヒーローたちが数多く誕生してきた。「ザ・シューター」の主人公ボブ・リー・スワガーライアン・フィリップ)も、そんな究極のプロフェッショナルの一人だ。元海兵隊のスナイパーとして、アフガニスタンに3度出征したスワガーは、任務中、地元の学校を襲おうとするタリバンの小隊を発見し、観測主のドニーと、200人を相手に46時間にわたり戦い続け、指揮官ばかり51名を射殺。戦場では畏敬の念を込めてボブ・ザ・ネイラー(釘打ちボブ)と呼ばれた。

 まさに生きる伝説であるスワガーだが、過去に苦悩するジェイソン・ボーンのように、どんなヒーローも心に傷を負っているもの。スワガーも戦場で相棒のドニーを失い、引退。ブライアン・ミルズのように、愛する妻と娘のことだけを思って暮らしていた。

 しかしある日、元上官から大統領狙撃計画の阻止を依頼される。容疑者は、かつてドニーを射殺したチェチェンの狙撃手ソロトフ。過去に決着をつけようと決意するスワガーだったが、それは、彼を暗殺犯に仕立て上げる罠だった。今、無事の罪を晴らすための戦いが始まる!

こんなアクションを待っていた!リアルすぎる銃器描写!

画像テキスト
観察と検証を欠かさない、スワガーのスナイパーならではの慎重さと忍耐強さも見どころ

 数多のヒーローたちとスワガーの違いといえば、彼が“ライフルに愛された男”であること。暗殺犯の狙撃ポイントを割り出すシーンでは、犯人の使用する銃器や弾薬の特性、距離、風、天候が弾丸に与える影響などを全て考慮し、あらゆる可能性を見逃さない。

 銃撃戦では、全身のアドレナリンをフル活用して動きまわり、冷静に確実に標的を仕留めていく。プロのスナイパーとしての凄みを感じさせる、匠ならではのアクションにも注目だ。さまざまなシチュエーションで展開するガンアクションからは目が離せない!

画像テキスト
原作でカギとなる銃ブラックキングも登場!

 劇中では46種類もの銃器が登場しており、特に狙撃銃のバラエティーは圧巻。テレビゲームでも目にする「Barrett M82A1」「Knight's Armament SR-25」といった比較的メジャーな銃に加え、原作小説に登場するスナイパーライフル「ブラック・キング」も登場。原作では世界に数丁しか存在しないタイプのウィンチェスターM70とされているが、ドラマでは D&L Sports 社の「MR-30 PG」を採用。玄人向けの銃器描写にも果敢に挑戦している。

傑作ミステリーを巧みに脚色!止められない海ドラが誕生!

画像テキスト
原作でボブの相棒となるFBI捜査官メンフィス(中央)は男性から女性に設定が変更された

 原作は「このミステリーがすごい!」2000年度海外編で第1位を獲得したこともあるベストセラー。幾層にも仕掛けられた壮大なミステリーは、とても映画一本では収まりきらないボリュームだ。「ザ・シューター」では、全10話を使って、CIA、FBI、シークレットサービス、さらにロシア政府まで巻き込んだ巨大な陰謀をじっくりと追いかけていく

 自分を裏切った元上官ジェイソン・アイザックとの確執、そしてそのアイザックの苦悩など、小説にはない重厚な人間ドラマも見応えたっぷり。また原作のスワガーはベトナム戦争の帰還兵という設定で、ドニーを失った戦場のトラウマにさいなまれる孤独な男とされている。ドラマでは現代に合わせて、今なお紛争の続くアフガン帰りの兵士となり、結婚して娘がいる設定となった。これにより、孤高のスナイパーが家族の命を守れるのか? というサスペンスが加味された。裏切りと陰謀がうずまき、誰が命を落とすかわからない展開は、「24 TWENTY FOUR」のような緊張感に満ちており、一度観たら止められない。

 ちなみに、原作では車いすに乗った老人だった最強の狙撃手ロン・スコットは、若々しい軍事産業の社長に変更されたが、両足が義肢になっていたりと、一ひねり加えられた設定変更も興味深い。

すでに新シーズン決定!スワガーサーガをチェックするなら今!

画像テキスト
家族がいることで、スワガーが背負うものはさらに大きくなった

 小説は、「極大射程」以降もボブ・リー・スワガーを主人公にしたシリーズがすでに8作も刊行されている。彼の父アール・リー・スワガーをはじめとする血族の活躍を描いたシリーズまで含めると、膨大な数の作品が発表されており、すでにボブ・リーの物語は、壮大なサーガを形成している。

画像テキスト
新たなハマれるアクションドラマが誕生!

 そして「ザ・シューター」もすでにシーズン2が本国で放送済み。脚本は完全ドラマオリジナルとなり、アクションと、謎を含んだ物語がさらにパワーアップ。ベストセラーを下敷きにしたシーズン1に負けない支持を集め、すでにシーズン3の製作も決定している。これから海外アクションンドラマを代表する存在となっていくことは間違いないシリーズを観始めるなら、今が最高の機会だといえるだろう。(編集部・入倉功一)

「ザ・シューター」 DVD-BOXは2月7日発売 \9,300(税抜き)/5枚組/全10話
同日よりレンタルDVDもリリース(Vol.1~5)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2018 Paramount Television and Universal Cable Productions. LLC.
(c) 2018 Paramount Pictures.
「ザ・シューター」オフィシャルサイト

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]