人肉ソーセージ事件vsシャーロック・ホームズ!まさかの難事件に衝撃

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」
ホームズとワトソンの名コンビ再び!

 名探偵シャーロック・ホームズと相棒ワトソンを現代のニューヨークによみがえらせ、ミステリーファンをうならせている海外ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」。天才ゆえに普通の事件では満足できない探偵ホームズが引き受けるのは、まさかの展開を見せる難事件ばかり。シーズン5ではその衝撃度もますますパワーアップしています。(編集部・市川遥)

人肉ソーセージ事件~遺体の中から人肉が…

 相棒のワトソンと共にニューヨーク市警の顧問を務めるホームズのもとにある日届いたのは、死亡した男性の胃の中から“人肉ソーセージ”が見つかったという恐ろしい知らせ。馬用の麻酔薬を誤って服用したことがこの男性の死因とみられていましたが、検死の結果、彼は馬の麻酔を投与された人間の肉を食べたために(!)死亡したことが判明したのです。

 嗅覚も鋭いホームズは胃の内容物が入った袋に顔を突っ込んで(※ワトソンはドン引き)珍しい香料が含まれていることを嗅ぎ取り、その香料を売りにしているソーセージ店へと向かいます。そして現場に残された証拠から、ソーセージの材料にされたのが“培養肉”の研究者であることを突き止めますが……。肉から肉へ、全編を通して肉がキーになる、まさにホームズ好みの奇妙な事件です。

性犯罪者狩り事件~少女たちを狙う男たちに制裁を…

 また、少女趣味の男たちの両手を赤い結束バンドで縛り、ビデオで撮影して辱める“性犯罪者狩り”が頻発していたある時、同じように両手を縛られた男がモーテルで銃殺される事件が発生します。被害者の妻はある理由から彼が性犯罪者になるなどありえないと断言しますが、彼のパソコンには大量の未成年の少女たちの写真が保存されていて……。次々に容疑者が浮かび上がっては消え、事件の裏にある悲しい秘密が明らかになる時、誰もが言葉を失うはずです。

ピエロ殺害事件~森でピエロを追いかけていたら…

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」
ピエロ殺害現場の近くには水路が…

 実際にアメリカで頻発したピエロ出没事件を題材にしたこの事件。夜の森へと逃げ込んだピエロを追いかけた自警団が見つけたのは、別のピエロの朽ちた死体でした。ホームズが手掛かりをたどっていくと、このピエロ殺害事件の裏に大規模なテロ計画があったことが浮上します。ピエロの扮装で人々を脅かすというタチの悪いいたずらから、まさかそんなスケールの大きな事件に発展してしまうなんて! 興味深い事件を求めて警察無線を傍受していたホームズが気に入っただけある、二転三転する展開に翻弄されること必至の難事件です。

同居5年目!ホームズ&ワトソンの友情もパワーアップ

シンウェルとホームズ
固い友情で結ばれたホームズ&ワトソン

 シーズン5に入ってホームズとワトソンの同居も5年目となり、二人の絆の強さもパワーアップしています。ホームズが勝手にワトソンの寝室に入ってきてはさまざまなバリエーション(悲鳴や銃声の録音、バイオリンの生演奏など)で眠っているワトソンを無理やり起こすような迷惑行為をしても、ワトソンは日常茶飯事とばかりに慣れた顔。そんな気の置けない間柄の二人ですが、互いの些細な変化に気付いては相手を心配し、互いを思いやります。まさに理想的な友情で結ばれている二人のチームとしての関係性が、本作の大きな魅力となっていることは間違いありません。

シンウェルとホームズ
シンウェルとホームズ

 また、本シーズンには原作本の一編「高名な依頼人」の登場人物である情報屋シンウェルが準レギュラーキャラとして登場し、ホームズ&ワトソンの生活に密に関わってくる点も要注目。ホームズのトレードマークというべき「鹿撃ち帽」が思いがけない場面で出てきたりと、原作ファンを喜ばせるポイントもしっかりと押さえています。

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン5 DVD-BOX Part1は7月4日発売
DVD-BOX Part2は8月8日発売
レンタルもそれぞれ同日スタート
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント 公式サイト

TM & (c) 2018 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]