シネマトゥデイ

サンフランシスコを舞台にした映画14選

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワ、香港などと世界的に有名な都市が舞台となる作品は数多くあります。ハリウッド映画の中でもロケ地としてサンフランシスコは、ゴールデンゲート・ブリッジ、アルカトラズ島、フィッシャーマンズワーフ、ツインピークス、ケーブルカー、坂道、チャイナタウンなどと名所が目白押し。そんなサンフランシスコが舞台の映画14作品をご紹介します。

ゴールデンゲート・ブリッジ
サンフランシスコのシンボル、ゴールデンゲートブリッジ - George Rose / Getty Images

『アントマン&ワスプ』(公開中)

自在にサイズを変えられる車がサンフランシスコの街中で繰り広げるカーチェイスシーンはコミカル&迫力満点!

『アントマン&ワスプ』作品情報

[PR]

『ピクセル』(2015)

パックマンやドンキーコングなど往年のゲームキャラクターたちがサンフランシスコを舞台に大暴れ! 愛らしい表情で街をピクセル化していくパックマンには可愛らしさを感じる。

『ピクセル』作品情報

『カリフォルニア・ダウン 』(2015)

巨大地震で崩壊していくカリフォルニアに鳥肌が立ってしまう。サンフランシスコをのみ込む大津波には、主演のロック様(ドウェイン・ジョンソン)も唖然……。

『カリフォルニア・ダウン』作品情報

『ベイマックス』(2014)

サンフランシスコと東京が融合した架空の未来都市「サンフランソウキョウ」が舞台。和洋折衷な描写は日本人にとっては不思議な感じ!?

『ベイマックス』作品情報

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)

人間VS.サルの激闘の始まりを描いた作品。ゴールデンゲートブリッジの上での戦いもスリルがあり見応え十分。

猿の惑星:新世紀(ライジング)
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、ブルーレイ(1,905円+税 )&DVD(1,419円+税)発売中 発売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン (C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』作品情報

[PR]

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)

マグニートーがゴールデンゲートブリッジを持ち上げて、アルカトラズ島に掛ける演出に驚く!

X-MEN:ファイナル ディシジョン
『X-MEN:ファイナル ディシジョン』は、DVD(1,419円+税)発売中 発売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン (C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』作品情報

『恋人はゴースト』(2005)

サンフランシスコの全てが眺望できる主人公のアパートメントが最強。そして若き日のマーク・ラファロがかわいい。

マーク・ラファロ
マーク・ラファロ - Franco Origlia / Getty Image

『恋人はゴースト』作品情報

『ハルク』(2003)

マーベルコミックスの緑色の怪力巨人ヒーロー“ハルク”。本来は心優しい科学者だが理性を失い激怒するとハルクに変身してしまう。サンフランシスコで大暴れするハルクは誰も止められない! 本作のハルク役はエリック・バナだが、『アベンジャーズ』シリーズではマーク・ラファロが演じている。

エリック・バナ
本作のハルク役はエリック・バナ! - Matt Winkelmeyer / Getty Images

『ハルク』作品情報

『クリスティーナの好きなコト』(2002)

恋愛に一生懸命なキャメロン・ディアスがキュート! サンフランシスコで陽気にすてきな恋がしたくなること間違いなし!

キャメロン・ディアス
キャメロン・ディアス - David M. Benett / WireImage / Getty Images

『クリスティーナの好きなコト』作品情報

[PR]

『プリティ・プリンセス』(2001)

アン・ハサウェイ映画デビュー作。サンフランシスコ特有の坂道をキックボードで駆け抜ける“ちょっとダサイ”アン・ハサウェイがかわいい! 

アン・ハサウェイ
アン・ハサウェイ - Gregg DeGuire / WireImage / Getty Images

『プリティ・プリンセス』作品情報

『ザ・ロック』 (1996)

サンフランシスコ映画と言えば、コレ! パレス・オブ・ファイン・アーツでのシーンが印象的。本作の舞台はサンフランシスコの沖に浮かぶアルカトラズ島だ。へタレFBI捜査官役のニコラス・ケイジショーン・コネリーの掛け合いもいい。

アルカトラズ島
かつて脱獄不可能とされた刑務所だったアルカトラズ島 - De Agostini Picture Library / Getty Images

『ザ・ロック』作品情報

『ミセス・ダウト』(1993)

ぜひとも訪れたいサンフランシスコの観光名所、フォトスポットを押さえている。ロビン・ウィリアムズさんふんする家政婦も最高!

ミセス・ダウト
『ミセス・ダウト』より - 20th Century-Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

『ミセス・ダウト』作品情報

『ダーティハリー』(1971)

クリント・イーストウッドの代表作と言えば、44マグナムを携えるサンフランシスコ市警ハリー・キャラハン刑事。サンフランシスコの市街を縦横無尽に暴れ回る姿はかっこいいの一言!

クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド - Matthew Eisman / Getty Images

『ダーティハリー』作品情報

[PR]

『めまい』(1958)

アルフレッド・ヒッチコックのクラシカルな名作。サンフランシスコを舞台にしていて、サンフランシスコ湾やその道のりの様子などが印象的に登場。鐘楼での床が落ちるような「めまいショット」なども有名。

『めまい』作品情報

ご紹介した以外でも数々の作品の舞台となっているサンフランシスコ。ロケ地などに注目することで、さらに作品の魅力を発見できるかも!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]