安井謙太郎&山本涼介&森田美勇人、裸の付き合いで深めた絆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
画像テキスト

ひょんなことから東京から北海道へ逃避行をすることになった、元高校の同級生男子3人と、出会い系サイトで知り合った女子1人によるロードムービー『ニート・ニート・ニート』。主人公のレンチをジャニーズJr.安井謙太郎、会社を辞めてしまったタカシを山本涼介、無理に連れ出されたひきこもりのキノブーをジャニーズJr.の森田美勇人が好演。物語の珍道中を彷彿させるような、楽しかった北海道ロケを3人が仲良く振り返り、役への思いや共演した感想を率直に語った。

[PR]

■この映画最大の魅力は

画像テキスト

Q:この物語のどんな点に魅力を感じましたか?

安井謙太郎(以下、安井):旅のきっかけは主人公であるレンチからですが、これは(一緒に旅をする女の子)月子の物語。だから月子は旅を通して、何かを掴んだり心の整理ができたり、得るものがある。それに対してニート男子3人は、コレと言ってハッキリ何か掴めたわけでもないし、得るものがあったかどうかも分からない。そこを描いていないところに、最も魅力を感じました。すごくリアルだし、観る人それぞれによって受け取り方がきっと全く違う。その余白を楽しめる作品って、すごく良いですよね!

森田美勇人(以下、森田):僕、脚本を読みながらずっとワクワクしていたんです。というのも(北海道への逃避行は)すごく破天荒な選択だけれど、現実的に自分もやろうと思えばできないことじゃない。ありそうで、なさそうで、ありそう、みたいな(笑)。そこでいろんなことが起きて、出会いがあって、そのなかで気づきや葛藤もある。常に心が動いていくなか、それがリアルに感じられて、本当にワクワクしていました。

山本涼介(以下、山本):確かにバカな男たちがわちゃわちゃしながら旅をするって、一度はやってみたかった! 僕もそこにすごく惹かれたし、安井君が言ったように、観る人によって違う受け取り方ができる余白があるので、それぞれが感じ、それぞれに考えてもらえるという点に惹かれました。

[PR]

■個性豊かな役と自分自身との相違

画像テキスト

Q:レンチ、タカシ、キノブーと、それぞれが悩みを抱えている個性豊かなキャラクターでした。演じる自分自身との共通点、相違点をどのように感じましたか?

安井:レンチはとにかく自由奔放で、本当に居たらヤバイ奴ですが、“人を寄せ付ける何か”を持っている。人間力があるというか、こんな風に破天荒に生きて、それでも人気者っていうのが超カッコいい。

森田:僕は寂しがり屋なので、ニートでひきこもりのキノブーみたいに誰ともコミュニケーションを取らずに生きるなんてできない。でもむしろ、その一人で生きる強さみたいなものが羨ましい。重なる点としては僕も意外と根暗というか……。あ、意外じゃない(笑)?

安井:いや、根暗ではないんじゃない? シャイなだけでしょ。

森田:う、うん……(笑)。あ、人見知りなだけか。

山本:僕が演じたタカシは、3人の中では一番ちゃんと社会人している人。役柄としては、いわゆるバランサー。プライベートでの友達間でもそういう役割を担うことが多いので、普段の僕と重なりました。でも、バランサーゆえに自分の言葉を上手く言えない、という悩みがタカシにはあります。

安井:現場でも、やまもん(山本)がちゃんとバランサーになってくれていた。俺の遊びやお喋りに付き合ってくれたり、美勇人にも充電器を貸してくれたり、何でも屋さんだった(笑)。

Q:役と同様、衝動に任せて無計画に旅をする、なんて経験はありますか?

森田:そういう衝動、すごく分かります。僕、思い立って一人でロサンゼルスへダンス留学に行ったことがあります。違う人や場所、違う空気など新鮮なものを味わいたくて。

安井:いきなり美勇人は、規模がデカい! 好奇心も行動力もすごくある。僕の方がずっと保守的だな。憧れはあるけれど、僕は誰かと何かを共有したがりなので、何かを見ても「うわ、すげ~」とみんなで共有したくなる。でも今回、この作品で疑似体験できたので、ちょっと挑戦したくなったな。

山本:僕は元から行き当たりばったりのタイプ。スケジュールを立てるのが嫌いで。立ててもズレるとストレスになるから、常にその場その場で決めていく。

安井:でも、食べたい飯屋に行ってやっていなかった、なんて悔しくない?

山本:悔しいっ!! でも諦める……。今日は、そういう日なんだって受け入れる。

安井:でっかいなぁ、やまもん、身体だけじゃなくて(笑)。

森田:それで別のところにだどり着いて「このためだったのか」とか思ったりするでしょ?

山本:そう、そういう感じ!

[PR]

■3人の関係性と北海道ロケの思い出

画像テキスト

Q:安井さんと森田さんはジャニーズJr.としてずっと一緒に過ごしてきましたが、現場では山本さんも加わって3人の関係をどう築きましたか。

森田:3人の距離がぐっと縮まったのは、やっぱり北海道に行ってからの、銭湯かな。

安井:寒い日で、撮影後にちょうど近くにあった銭湯で裸の付き合いをして、隅々まで知り合いました(笑)。

山本:最初「休みの日、何してる?」みたいな話から始まり、安井君はサウナに、僕は銭湯によく行くという話をして。なんなら僕は、銭湯より楽しいところなんてこの世にないと思っています(笑)。

森田:その後、撮影で訪れる土地土地の銭湯に行くのが、もうルーティンになっていたね。

安井:3人とも風呂好きだったからね。劇中と変わらず、常に3人で行動していました!

Q:銭湯以外での、北海道ロケではどんなことが思い浮かびますか。

山本:牛乳が超美味しかった! ずっと飲んでたもん。

安井:地元の方が紙パックの牛乳を毎朝、差し入れしてくれたんですよ。それがもう楽しみで美味しくて。1日6パックくらい飲んでいたよね。

森田:やまもんはメチャクチャ食べてました。

安井:地元の方が朝ごはんを作ってくれて、それがまた美味しくて。それをやまもんが食べる食べる。絵に描いたような超大盛! 納得しちゃったもん、そりゃデッカクなるって(笑)。

森田:ワカメ入りのカップ麺もすごく食べてたよね。

山本:ご飯の後、ホテルに帰ってラーメン2杯とか(笑)。

安井:あれも美味しかったね。あとは誕生日、これまた地元の方が、僕の人生史上一番の特大ケーキを焼いてきてくれて。作ってくれた方がお礼を言う前に名乗らず去っていったのがカッコよかったです(笑)。北海道の方々が、すごく粋でした。

[PR]

■掛け合いで互いに感じた“俳優”としてのリスペクト

画像テキスト

Q:役者としてお互いをどう評価しますか。スゴイと思わされたこと、感心したことなどはありましたか?

安井:普段の美勇人を知っているからこそ、役への入り込み、本番だけでなく現場に居るときはずっと役の雰囲気を出している姿勢がすごく新鮮でした。

山本:確かに森田君は撮影の合間もそうだったね。僕はすぐにデヘ~ッとなってしまう方だから、すごく尊敬できると思っていました。

安井:やまもんは、演技がめちゃナチュラル。セリフのテンポ感も、やまもん抜きだとポンポンポンと単に規則正しくなってしまうところを、上手く外してきてくれる。それがすごくリアルな会話を生んだ気がします。僕がどんな風に演技をしても受け取ってくれるから、すごく安心感がありました。まさに名捕手!

森田:人をすごく明るくさせるという点は、レンチと安井君がすごくリンクしていたし、レンチという役を通して安井謙太郎の気持ちが見えたというか、その人自身が役に重なっている感じがしました。そんなことパッとできることじゃないから「うわズルいな」と思って。やまもんは役的にあんまり絡みがなかったけれど、フェリーのシーンでは2人で喋れて嬉しかったです。

安井:「嬉しかったです」って小学生の作文か(笑)。役者としてどう感じたかって質問なのに。

森田:だって役的に、あんまり絡みがなかったんだよ(笑)!

Q:山本さんはアイドルである安井さん、森田さんの知られざる一面を見たことはありますか?

山本:現場でというより撮影後、ライブに呼んでいただいたとき、「うわぁ、全然違う。すごくキラキラで華やかだぁ……」と感じました。撮影中もライブのために2人は練習していたんです。きっとすごく大変だったのに、それを全く感じさせず、そしてライブでは女の子たちをキャーキャー言わせて、カッケーなと。

安井:何も知らずにライブに来た人は、まさにこういう顔するんだろうなって顔をやまもんがしていて、もう本当に面白くて(笑)! ぽかーん、みたいな。

山本:「あぁ、これがジャニーズかぁ」と思いながら見ていた(笑)。楽しみ方を模索してました。

森田:そうだよね(笑)。僕ら独特なんだな~とたまに思います(笑)。

[PR]

■取材後記

まさに座長といった感の安井を中心に、和気あいあいとロケでの思い出話が次から次へと出てくる様子から、役と同様の信頼関係を築き上げているのがしっかり感じられた。チーム男子的な“わちゃわちゃ感”と、仕事人として互いに向き合うストイックさが、実にいいバランスで成り立っている。それが『ニート・ニート・ニート』を楽しく、リアルで胸に響く、味わい深い青春映画に導いたに違いない。そこには3人3様の持ち味や魅力が、しっかりと焼き付いている。(取材・文:折田千鶴子)

映画『ニート・ニート・ニート』オフィシャルサイト

映画『ニート・ニート・ニート』は11月23日より公開

(C) 2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]