神映画5選!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 映画の都ハリウッドの映画人たちによって選出された、米アカデミー賞の受賞作は言うまでもなく高いクオリティーを誇る作品ばかり。WOWOWでは今年も、日本時間2月25日に開催されるアカデミー賞授賞式を生中継しますが、これに併せて、「アカデミー賞特集2019」と題してアカデミー賞、通称“オスカー”の栄冠に輝いた神レベルの作品を一挙放送。映画ファンならずともスルーするわけにはいかない注目作を紹介します!(相馬学)

歴史に残る神演技!『スリー・ビルボード』

スリー・ビルボード
『スリー・ビルボード』は2月20日(水)夜7時よりWOWOWシネマにて放送 (c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 記憶に新しい昨年の主演女優賞受賞作『スリー・ビルボード』では『ファーゴ』でも受賞経験のあるフランシス・マクドーマンドが、娘を殺害された母親を熱演。無能な警察に憤り暴走する姿を通して、“怒り”が引き起こす人間の醜さ、それでも憎めない人間らしさを味わい深く体現。対立する粗野な巡査にふんして助演男優賞に輝いたサム・ロックウェルの好演ともども、見逃せないところです。

 神演技を見せた役者といえば美人女優シャーリーズ・セロン。体重増量&奇抜なメイクで実在の殺人犯になりきり、主演女優賞を射止めた『モンスター』は堕ちるしかなかった女性像が衝撃的な人間ドラマ。男優に目を転じると、ジーン・ハックマンが今に通じるアウトロー刑事の源流を作り出した刑事アクションの傑作『フレンチ・コネクション』、マーロン・ブランドの貫禄のマフィア像が光る名作『ゴッドファーザー』、デンゼル・ワシントンが悪徳刑事をリアルに体現したサスペンスフルなドラマ『トレーニング デイ』にも圧倒されます。

胸に焼き付く神サウンド!『ラ・ラ・ランド』

ラ・ラ・ランド
『ラ・ラ・ランド』は2月17日(日)午後4時45分よりWOWOWシネマにて放送 (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

 アカデミー賞受賞作では、素晴らしい音楽と出会えることもあります。ミュージカル『ラ・ラ・ランド』は2016年に6部門を制したラブストーリーですが、とりわけ音楽は作曲賞&歌曲賞受賞の折り紙付き。大都会LAでそれぞれの夢を追う男女のロマンスを、ときに陽気に、ときに切なく彩るメロディーは、セリフ以上に如実にキャラクターの心情を伝える歌詞によって、強く胸に焼き付くはず。

 古典中の古典ミュージカル『オズの魔法使』は観て、聴いて、感じてほしい名作で、“オーバー・ザ・レインボー”をはじめとする今やクラシカルな名曲がハートをとらえずにおきません。ディズニーのアニメーションにも音楽部門での受賞作は多く、『美女と野獣』の主題歌はファンタジーを彩った名曲としてあまりに有名。面白いのは『ONCE ダブリンの街角で』で歌曲賞を射止めたグレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァの主演コンビ。劇中で彼らがつくり、歌ったフォーキーなナンバーの美しさは、サウンドトラックがグラミー賞にノミネートされたほど。また、主題歌が全米チャートのナンバーワンに輝き、歌曲賞を制した『ダーティ・ダンシング』は、この曲が流れるクライマックスのダンスシーンが有名になりすぎて、パロディーも多数つくられました。

没入必至の神ビジュアル『ブレードランナー 2049』

ブレードランナー
『ブレードランナー 2049』は2月24日(日)午前5時25分よりWOWOWシネマにて放送 (c) 2017 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 映像の完成度の高さで評価される作品が多いのもアカデミー賞の特色。撮影賞と視覚効果賞を受賞した名作SFの続編『ブレードランナー 2049』では、2049年のエレクトロニックできらびやかな都市の風景が鮮烈にビジュアル化されており、巨大ホログラフや飛行車両が宙を舞う未来世界を臨場感とともに堪能させてくれます。都市だけでなく、未来の農場や荒野の風景も作りこまれ、その神秘的な景色は一度見たら脳裏に焼き付くこと必至。

 また、同2部門を制している鬼才マーティン・スコセッシのファンタジー『ヒューゴの不思議な発明』では1930年代のフランスを舞台にした、レトロ=フューチャーな映像美が迫ってきます。美術賞と衣装デザイン賞を受賞したミュージカル『オール・ザット・ジャズ』の官能的かつ幻想的な舞台、撮影賞に輝く大河ドラマ『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』で収められたモンタナの大自然の風景、亡き巨匠ベルナルド・ベルトルッチの代表作である9部門受賞作『ラストエンペラー』の20世紀初頭の中国王朝の壮麗な再現も、まさに神ビジュアル!

美ぼうが神!『恋におちたシェイクスピア』

恋におちたシェイクスピア
『恋におちたシェイクスピア』は2月19日(火)夜11時よりWOWOWシネマにて放送 (c) 1998 Miramax Film Corp.. & Universal City Studios Production, Inc.

 映画スターは、まばゆいほどの魅力で観客を魅了してこそ。そこに卓越した演技力が結びつき、化学反応を起こしたのが『恋におちたシェイクスピア』のグウィネス・パルトロー。当時26歳の彼女は、文豪シェイクスピアを魅了した女性をはつらつと演じつつ、クラシカルな美ぼうで見る者を魅了し、見事に主演女優賞の栄冠を射止めました。より若い女優では、アンジェリーナ・ジョリーは『17歳のカルテ』で心に問題を抱える少女を演じ、24歳で助演女優を受賞。ほとんどスッピンでの出演でしたが、ナイーブな心を体現した好演により観客の心を強く引き付けました。

 ユーモラスな人間ドラマ『トッツィー』でヒロインを務め、助演女優賞を射止めたジェシカ・ラングの美しさも、物語を引っ張っていく魅力にあふれています。ちなみに21度のノミネートと3度の受賞という前人未到の記録を誇る大女優メリル・ストリープは、初受賞が30歳の『クレイマー、クレイマー』の助演女優賞。離婚訴訟を起こす若い女性の葛藤や苦悩を体現しつつ、若さをも覗かせる姿はクール・ビューティーと呼ぶにふさわしいものでした。

これぞ神演出!『シェイプ・オブ・ウォーター』

シェイプ・オブ・ウォーター
『シェイプ・オブ・ウォーター』は2月20日(水)夜11時15分よりWOWOWシネマにて放送 (c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 昨年の栄えある作品賞受賞作『シェイプ・オブ・ウォーター』で、ギレルモ・デル・トロ監督は純愛や社会性、人間味を絶妙に織り込みながら、女性と水棲モンスターのロマンスを活写。映像や音楽の美しい作りこみも賞賛され、みごとに監督賞の栄冠に輝きました。そもそも“怪物”が登場する映画はアカデミー賞とは無縁で、ランク的には下に見られがちでしたが、モンスター映画が大好きなデル・トロ監督のこだわりがここでは冴えわたりました。同傾向の作品では、救命ボートでトラと同乗してサバイバルを強いられる少年の冒険を描いた『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は物語の寓意と映像美が結びつき、奇才アン・リーは『ブロークバック・マウンテン』に続いて監督賞を受賞。

 19世紀の軍人と米先住民の交流をとおして米国史を振り返った大河ドラマ『ダンス・ウィズ・ウルブズ』での、ケヴィン・コスナーの初監督らしからぬ濃厚なスペクタクルとドラマ性を宿した剛腕演出も神業レベルといえるでしょう。マフィア一家の年代記をドラマチックに描き前作に続いて作品賞を受賞したのみならず、フランシス・フォード・コッポラに監督賞をもたらした『ゴッドファーザーPART II』や、女性ボクサーと老トレーナーの絆を見つめながら、逃れられない悲劇へと突進する人間の性を描き出した巨匠クリント・イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』などの、巨匠の作品ならではのヘビーな無常観もズッシリと響くはず。

 今回ご紹介した作品はすべてWOWOWで観ることができます。アカデミー賞には受賞傾向があり、これらの作品を観れば今年の受賞作を予想する楽しみも広がるはず。過去の受賞作へのオマージュを散りばめた、華やかな授賞式もより楽しめるでしょう!

生中継!第91回アカデミー賞授賞式は2月25日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送
WOWOW「アカデミー賞特集2019」の放送スケジュールはコチラ>>

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]