末恐ろしい若手女優を発掘!『デイアンドナイト』清原果耶&山田孝之インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 山田孝之が出演は一切せず、完全に裏方に回って初めて全面プロデュースした映画『デイアンドナイト』。阿部進之介が企画・主演を務めた完全オリジナルの人間ドラマで、山田がオーディションでヒロイン奈々役に抜てきしたのが撮影時まだ15歳だった清原果耶である。児童養護施設で生活しながら、次第に阿部演じる明石を翻弄していくミステリアスな少女を演じている。山田も認めた清原の高い演技力の秘密は? 

思い描いた通りの表情、間、動きを見せた清原

清原果耶&山田孝

Q:ヒロインの清原さんはオーディションで選ばれたそうですね。

山田孝之(以下、山田):オーディションでの清原さんの芝居を見て単純に「奈々がいる」って思いました。1シーンだけの芝居だったんですが、台本の最初から最後まで何度も読んで、奈々という人間を作り上げてきているような状態でした。はっきり言って、奈々だったんです。

清原果耶(以下、清原):オーディションで「台本、どうでしたか」って聞かれた時も「わからないです」って答えたくらい、私としては奈々を理解した状態で臨んだわけではなかったです。もちろん、「こういうお芝居をしたい」「私が奈々を演じるなら、きっとこうする」というようなビジョンは持っていましたが、奈々の存在を確立していたか問われると、その時はまだわからないことの方が多かったです。

Q:脚本を作る段階では、山田さんが奈々を演じていたそうですね。

山田:撮影現場で生まれるものもありますし、僕らがどれだけ練って作ったとしても、いざ役者さんの手に渡ったら、その人が一番深くまで入り込んで、作るものですから。「ここはこういう風にしてほしい」という要望はありますけど、ある程度、任せなきゃならない。とはいえ、台本を作っていた時に思い描いていた表情、間、動き……。清原さんはそのままだったので、本当にいつも「奈々がいる」と思って見ていました。

Q:山田さんから言われた言葉で覚えていることはありますか?

清原:撮影中、私が困っていたり、迷っていたりすると、ふらっと現れて、そのシーンへの山田さんの想いなどを教えていただく機会がありましたが……すみません。必死過ぎて、細かい内容まで覚えていないというのが正直なところです。ただ、山田さんから「清原さん自身が奈々だ」という言葉をいただいたのを機にふっ切れて、安心して自分の信じる奈々、自分が理解できる奈々を演じようと思えました。

[PR]

山田孝之がプロデュースしたかった本当の理由

デイアンドナイト
(C) 2019「デイアンドナイト」製作委員会

Q:山田さんがプロデューサーにいるというのは心強かったですか?

清原:役者だからわかる、細かい感情の動きもくみ取ってくださり、撮影現場でいろいろ気を遣ってくださって、そういった部分は心強かったです。でも今回はプロデューサーという立場で、いかに役者が芝居しやすい環境を作るかとか、体調管理だとか、あるいは現地の方への感謝を伝えるなど、そういう面で活躍されていて、裏方に徹していらっしゃったように思います。言葉にすると伝わりにくいかもしれないですけど、すごくナチュラルに撮影現場にいらっしゃったので、むしろ特別な感じはなかったです。

山田:役者にとって何がいいのか。単純にキャラクターとして入り込めればいい。それが時にはいろんなことで遮られてしまうことがある。なるべくそれを減らしたい。ストレスは常にあるけれど、ちょっとでも緩和させられないだろうか。僕にできることは邪魔になるものをなくすくらいです。

山田孝之
プロデューサー山田孝之。(C) 2019「デイアンドナイト」製作委員会

Q:プロデュース業をしようと思ったのは、友人でもある阿部さんの作品だからというのがありますか?

山田:もちろん、それはあります。阿部ちゃんとは10代の時から仲が良くて、共演も何度もしてきました。その阿部ちゃんが藤井道人監督と映画を作ろうとしているって聞いて、できることはなんでも協力したいと思いました。阿部ちゃんは本当に不器用ですけど、とても素晴らしい役者です。この人の魅力が存分に出せる、もっと実力を発揮できる場が作れたらという気持ちがありました。

Q:清原さんは共演相手としての阿部さんはどうでしたか?

山田:それ聞きたい!

清原:私は撮影時、必死すぎて、奈々しか見えていなかったんです。奈々として生きるあまり、少し投げやりになってしまったこともあったかもしれませんが、阿部さんは私から出てくるどんな感情をぶつけても、役としてすごく温かく受け止めてくださっていたので、どのシーンも安心して芝居することができました。

Q:山田さんから見て、再発見した阿部さんの魅力はありますか?

山田:僕の印象は何も変わっていません。力があって、すごい深いところまで入っていける役者。それを存分に発揮してくれたと思います。

[PR]

カリスマ的存在の安藤政信に衝撃

デイアンドナイト
(C) 2019「デイアンドナイト」製作委員会

Q:安藤政信さんもやはり山田さんがキャスティングしたそうですね。 

山田:憧れの先輩です。僕らの世代みんなにとってのカリスマですから、一緒にいるだけでうれしい。今回、出ていただいて、本当に良かった、感謝です。安藤さんって常に何か悩んでいる方なんですよ。だから、北村という役にぴったりでした。

清原:撮影現場でもすごく自分の世界に入り込んでいらっしゃる印象を受けました。私、安藤さんが出演されていた『バトル・ロワイアル』が大好きで、家族みんなで観ていたので、はじめは「あの安藤さんがいる」って思ったんですけど、撮影現場ではいい意味でぴりっとした緊張感をお持ちで、周囲の雰囲気にマッチしていて、一緒にお芝居しやすい方でした。

山田:家族で『バトル・ロワイアル』ってすごいね(笑)。

Q:山田さんは阿部さん、安藤さんと一緒に出たいという気持ちにはならなかったんですか?

山田:例え1シーンだとしても、やるとなるとキャラクターを作らなければなりません。映画には一瞬しか出なくても、その人には人生があり、1シーンでもどういう人間か考えなければならない。時間が掛かるし、大変なことなんです。そこに時間を使うのであれば、キャストの方たちがより芝居に集中できる時間に割いた方がいい。出るという選択肢はなかったです。

Q:プロデュース業によって、演じたい気持ちが高まりましたか?

山田:そうですね。演じてはいるんですけど、ただ時間が経つと忘れちゃうんですよ、俳優ってなんなんだろうって。必要性、あるのかな? とか。皆さんの強い芝居が爆発しているのを見て、常に圧倒されたし、かっこいいと思ったし、俳優ってすごいと思った。多少、自信はつきました。ついたというか取り戻したというか。俳優だって自信を持って言うべきだと思いました。

[PR]

大先輩、山田から清原へのアドバイス

清原果耶&山田孝

Q:10代から俳優業をやっている山田さんから清原さんにアドバイスはありますか?

清原:聞きたいです。自分に必要なことを受け止めて、吸収したいです。

山田:アドバイス? いや、僕みたいなものがアドバイスしたら、おかしな方向にいってしまうんじゃないかな。撮影時、清原さんは15歳で、僕もデビューしたのは15歳なんですけど、当時は「これ、何時までかかるんだろう。終わったらいくら、もらえるのかな。そしたら、うまいもの食いたいな」とか、そんなことしか考えてないですもん(笑)。次元が違いますよ。

清原:そんなことないです(笑)。

山田:不安はたぶん常にあると思うんですけど、それでいいと思います。それも含めて清原さんの良さだと思いますし、変に自信をつけることをしなくていいと思う。悩んでいる状態でいるのは大変なことだけど、それが清原さんの生き方だし、女優としてもそういう人だし、それでいいと僕は思う。年齢を重ねて、いろんな作品や人と会って、感覚は変わり続けていくから、今は今の状態がベストだと思います。そうはいっても、悩むんでしょうね、絶対。そういうタイプだと思う。でもそれが良さだから。どうか、僕のように道をそれないで。まっすぐに進んでください。

清原:ありがとうございます。

清原果耶&山田孝

数々の共演者から「大人っぽい。しっかりしている」と言われている清原だが、実際に会ってみると衝撃的な落ち着き。取材中も借り物でない自分から出てきた言葉で、丁寧にきちんと話す。本当に16歳? それが撮影現場で爆発的な憑依を見せる。山田が認めるからには本物に違いない。役柄でもうんと年上の明石を虜にする魔性を見せていたが、これからどうなるのか楽しみを通り越して末恐ろしい。さすが山田、目の付け所が違うのである。

取材・文:高山亜紀 写真:日吉永遠

映画『デイアンドナイト』は1月26日(土)より全国公開

【清原果耶】スタイリスト:井阪 恵(dynamic) ヘアメイク:面下 伸一(FACCIA)

【山田孝之】スタイリスト:澤田石 和寛(SEPT PLUS) ヘアメイク: 灯(ROOSTER)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]