『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は歴代キャラ総出演の可能性あり?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 新情報が待ちきれない『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ですが、なかなかストーリーの詳細が明かされないので、勝手に盛り上がっちゃおう! ということで、『スター・ウォーズ』シリーズを研究する第一人者であり、字幕監修も手掛けた河原一久氏を直撃! 初映像解禁時よりまことしやかに噂されるパルパティーンの登場の有無、そうなるとすでに亡き人気キャラクター達も登場するのか? などなど、河原氏が独自の見解を示しました。

※ご注意:なおこのコンテンツは『スター・ウォーズ』シリーズについて、ネタバレが含まれる内容となります。

パルパティーンの登場方法を予想

 エピソード1~6を通し、ダークサイドの権化として君臨したパルパティーン。『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』でパルパティーンが死を欺く術があり、それはジェダイからは学べないと言って、アナキン・スカイウォーカーをダークサイドに誘惑しました。裏で手を引いているのは、いつもパルパティーンでした。そして新3部作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で気になったのは、明確なダークサイドのボスがいないこと。その理由を河原氏が分析しました。

[PR]

スター・ウォーズ
わはははははははー。『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』より (C) & TM Lucasfilm Ltd. / Photofest / ゲッティ イメージズ

Q:そもそもパルパティーンが知る死を欺く術について、詳しく説明されていませんよね?

『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』のときパルパティーンはまだジェダイがその方法を知らないと思っていましたが、後にクワイ=ガン・ジンが学んだ、死して後に霊体として存在する方法と同じか、あるいは同様なことだと思います。ヨーダやオビ=ワン・ケノービ、アナキンは霊体となってすでに登場していますし、恐らくルーク・スカイウォーカーも今回はそうした形で登場するでしょう。一方でシスの場合は、それがどのような形で死を欺く術なのかはまだ分かりません。しかし、パルパティーンがドゥークー伯爵よりもアナキンを弟子にしたがり、そのアナキンが瀕死の状態で肉体の多くを失ってしまうと、今度はその息子であるルークを求めたことから考えると、シスの場合は霊体となってから誰かに憑依する形で生き続けるのではないかと思います。

Q:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でもパルパティーンの存在があったと?

スター・ウォーズ
霊体降臨!?!?!?! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ことの経緯はわかりませんが、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』で肉体を失ったパルパティーンは、その後スノークを宿主にしたのではないか。しかしそのスノークも老いている上に身体にも不具合がありそうでしたから、若きベン・ソロ(カイロ・レン)を弟子にしたのも腑に落ちるというものです。で、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではそのスノークもカイロ・レンに殺されてしまいます。これまで言ってきた仮定が正しければ、ここで霊体パルパティーンはカイロ・レンに憑依し、彼のフォースは格段に強力になっているのではないでしょうか。そうなると最新作は、カイロ・レンVSレイの戦いでもあり、パルパティーンVSアナキンの戦いでもあるわけです!

[PR]

ストーリーの予想を独自解説!

 現状明かされている情報から気になるポイントを4つ絞り、そこから読み取れるストーリーについて河原氏なりの予想を聞いてみました。

スター・ウォーズ
や、やばい黒っぽい服着てる!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

Q:レイの白い衣装の意味とは?

これはもちろんレイがライトサイドであることを示しています。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のころは無垢だったので衣装も白でしたが、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではグレーをベースに白と黒が共存する衣装でした。これはフォースのライトサイド、ダークサイド双方に彼女が揺れていることを表していたんだと思います。さて、これまでの3部作の完結編では主人公は共に黒い衣装でした。『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』ではアナキンがダークサイドに墜ち、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』では同様にルークが転落してしまうのではないかと観客にハラハラさせるために黒い衣装が選ばれました。ルーカスによる引っかけですね。そして今回はスカイウォーカーサーガそのものが完結されると言われていますので大団円に向かっての「真っ白な衣装」なんだと思います。

Q:レイが持っているライトセーバーは?

前作でレイはアナキンのブルーのライトセーバーを使っていましたが、カイロ・レンとの戦いで真っ二つに折れました。なので、今回新しいライトセーバーが登場するかもと思いましたが、映像で確認できたのは折れたはずのライトセーバーでした。過去の画像と見比べてみるとわかりますが、中央部分が短くなって黒いバンドで固定してあります。やはりクリスタルとの絆があるので修理して使い続けているんだと思いますよ。

Q:デス・スターの残骸らしき物体がありました。

スター・ウォーズ
今一度イウォークをっ!『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』より  (C)& TM Lucasfilm Ltd. / Photofest / ゲッティ イメージズ

あれは『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』で爆破された第2デス・スターでしょうね。となるとあの場所は、惑星エンドアということになりますが、いったいそこにどんな用事があるのかはわかりません。いずれにせよ、もしエンドアならばあのイウォークが再登場する可能性も出てくるので、いろんな意味で波乱が起きるでしょうね。

Q:映像の最後にパルパティーンの声が聞こえましたが、登場するのでしょうか?

「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」の会場にもパルパティーン役のイアン・マクディアミッドが登場し、ファンは大絶叫したようですね。パルパティーンがダークサイドの誰かに乗り移っている説が正しいかどうかはともかく、彼の登場は確実ですね。

[PR]

希望も含めた大予想!

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ともに、公開までストーリーは明かされず、毎回衝撃の展開が用意されています。レイの出自以外にも、ファンを驚かせる事実が判明するでしょうが、河原氏は「まさかそんなことが!」という驚きの展開を予想しました。

スター・ウォーズ
まさかのカップル誕生?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

Q:女性ファンとしては、カップル誕生も気になるところです。

フィンとローズはそのままくっつくでしょうね。レイに関しては、ポー・ダメロンといい感じになるのでは。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でもポーがレイとすれ違う時にチラっと見るシーンがあるし、前作のラストでの自己紹介もわざとらしかったですからね。カップルとしてはこの2組が有力だと思います。カイロ・レンは……本作で死ぬのではないかと……。何しろ、実の父親であるハン・ソロにとんでもないことをしているので、それが許されることはさすがにないかなと。教育上よろしくないですし(笑)。

Q:完結編となるなら、過去のジェダイたちも霊体の姿で総出演するかもしれませんよね?

スター・ウォーズ
こりゃ、ありえますな。『スター・ウォーズ』より - 20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

もしなんらかの形でパルパティーンが登場するなら、ジェダイも霊体で登場する可能性はあります。すでにヨーダは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で霊体として登場していますし、ルークも間違いないでしょう。そして今度はオビ=ワンが登場するとにらんでいます。もちろん、アレック・ギネス版のオビ=ワンです。すでに『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でターキン総督とレイア姫がCGで登場しているので、オビ・ワンもいけるはず。アレックの肖像権に関しては遺族の許可が取れていればCGで問題なし、動きに関しては若かりし頃のオビ・ワンを演じたユアン・マクレガーがモーションキャプチャーを担当するという噂もあるので、実現したら往年のファンたちは大喜びでしょうね。

Q:歴代キャラクターが総出演するならば、ジェダイ以外でも可能性はあると?

霊体ではないにしても何らかの形でハン・ソロが登場する可能性もあります。というのも前作では明確に回想場面がありましたから、そういった形でハンを登場させることは可能ですし、そうすれば観客は喜ぶのは間違いないですからね。

 まさかの歴代キャラ総出演を予想した河原氏。シリーズ完結となるなら、そんなお祭り騒ぎも大いに可能性はあるし、往年のファンたちも大歓迎なはずです。公開まで真相はわかりませんが、また新たな予想のネタとして続報を待ちましょう!(取材・文:香取亜希)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]