これは事件だ!デニーロ、パチーノ、スコセッシ…映画史におけるラスボス登場!

アイリッシュマン

 ロバート・デ・ニーロアル・パチーノマーティン・スコセッシ監督という3人の生ける伝説が奇跡のタッグを組み、アメリカ最大の未解決事件の真相、そして実在したヒットマンの壮絶な人生に迫ったNetflix映画『アイリッシュマン』。スコセッシ監督の悲願として完成した本作は、『ゴッドファーザー』『スカーフェイス』『アンタッチャブル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『グッドフェローズ』と名作ぞろいの彼らの出演作の集大成であり、映画史におけるラスボスであるといえます。映画史におけるこの大事件に迫りました。(編集部・市川遥)

事件その1:デ・ニーロ、パチーノ、スコセッシが最初で最後!? 奇跡のタッグが実現!

アイリッシュマン
ジョー・ペシ、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシ監督、ハーヴェイ・カイテル、ロバート・デ・ニーロというすごすぎるメンツ

 スコセッシ監督とデ・ニーロのタッグは『タクシードライバー』『グッドフェローズ』など9度目、デ・ニーロとパチーノの共演は『ヒート』など4度目ですが、デ・ニーロ、パチーノ、スコセッシ監督の3人がそろって映画を作り上げたのは本作が初めて。全員オスカー受賞者である彼らがアラフィフどころかアラウンドエイティになってようやく実現したタッグと考えると、これが最初で最後になってしまう可能性も。映画ファンの血をたぎらせる、まさに奇跡のタッグなのです。

 デ・ニーロが演じるのは、アメリカ裏社会の伝説的なボス=ラッセル・ブファリーノ(ジョー・ペシ)から殺しを請け負い、25人以上を殺害したとされる実在のヒットマンの“アイリッシュマン”ことフランク・シーラン。対するパチーノは、マフィアと手を組んで勢力を拡大させた全米トラック運転手組合のドンにして、フランクに全幅の信頼を寄せるジミー・ホッファを演じます。しかし、フランクはホッファの親友でありながら、彼の不審な失踪事件に関与していくことになり……。

アイリッシュマン

 この愛憎半ばの関係を体現したデ・ニーロとパチーノのガチンコ演技合戦は、緊迫感に満ちていて3時間半に渡る全編見どころしかありません。しかもスコセッシ監督は最新のCGデジタル技術で彼らを若返らせ、若き日の出会いから最期までの数十年を演じ切らせるという選択をしており、二人の名優の渾身の演技を今までになく贅沢に堪能できるのです。ヒットマンの血にまみれたスリリングなシーンだけでなく、日常の些細なユーモア、時の流れの残酷さと無常さまで丹念に描くことで、アメリカの裏社会に生きた男たちの悲哀を一層強く感じさせています。この重厚な一大叙事詩は、デ・ニーロ、パチーノ、スコセッシ監督という3人のタッグでしかかなわなかったものといえるでしょう。

事件その2:ついにアメリカ最大の未解決事件の真相が…!?

アイリッシュマン

 原作は、アイリッシュマンことフランク・シーランが5年にわたるインタビューで激白した殺しの全容を記した実録本です。それだけに本作は、アメリカ最大の未解決事件の一つと言われるジミー・ホッファ失踪事件の真相に迫る内容になっており、サスペンス・ミステリーとしても一級品。ホッファは1975年7月30日にレストランに出掛け、駐車場に愛車を残したまま行方不明に。当時、政治や社会に絶大な影響力を持っていた労働組合のドンの突然の失踪は全米を震撼させ、目撃情報やさまざまな殺害説など大量のゴシップを生みましたが、今なお遺体は見つかっていません。

 本作はそれだけでなく、労働組合とマフィアのズブズブな関係、さらにはジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件の意外な裏側もスリリングにひもといていきます。アメリカ黄金期の裏にあった暗黒の歴史を、その中心にいた一人のヒットマンの視点からあぶり出していくさまには知的好奇心を刺激されまくりです。最晩年のフランクが自身の半生を物語る形で、退役軍人でトラック運転手だった彼がどのようにしてマフィアのヒットマンとなり、親友を手に掛けるまでになったのか、その冷徹な生きざまと孤独な葛藤が明かされます。

事件その3:絶賛評が続々!Netflix初のアカデミー作品賞なるか!?

アイリッシュマン

 ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシ監督の集大成となった本作は、第57回ニューヨーク映画祭のオープニング作品としてお披露目されるや話題沸騰! 辛口の本国批評家からも「スコセッシの最高傑作」「感傷的で胸を打たれる」「アカデミー賞作品賞のノミネートは確実」など大絶賛で迎えられ、大手批評サイト「ロッテントマト」では96%の支持率という高評価(11月25日時点)となっています。

 そしてNetflix映画としては、賞レースを席巻してアカデミー賞3冠に輝いた『ROMA/ローマ』(アルフォンソ・キュアロン監督)でもなし得なかった、アカデミー賞作品賞の受賞も現実味を帯びてきました。そんなあらゆる面で映画史における大事件である『アイリッシュマン』は、2019年を締めくくるにふさわしい全映画ファン必見案件なのです。

映画『アイリッシュマン』はNetflixで独占配信中 Netflix作品ページ

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]