斎藤工&板谷由夏『デッド・ドント・ダイ』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』『デッド・ドント・ダイ』『在りし日の歌』『暗数殺人』の4本。

 巨匠ジム・ジャームッシュが監督が現代人はスマホゾンビだと、ゾンビを通じて社会批判!? 生前の記憶を持つゾンビの珍行動に注目!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週月曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

3月末から4月頭のイチオシ作品はコレ!

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』※公開延期のため初夏公開

 ルイザ・メイ・オルコットの自伝的小説「若草物語」を実写化したドラマ。南北戦争下の姉妹の物語を、作家を夢見る次女の視点で描く。監督は『レディ・バード』などのグレタ・ガーウィグ【⇒作品情報はこちら】

『デッド・ドント・ダイ』4月3日公開

 『パターソン』などのジム・ジャームッシュが監督を務めたゾンビコメディー。町にあふれ返ったゾンビと戦う人々を描く。ジャームッシュ監督作『ブロークン・フラワーズ』などに出演してきたビル・マーレイをはじめ、『スター・ウォーズ』シリーズなどのアダム・ドライヴァー、『少年は残酷な弓を射る』などのティルダ・スウィントン、『ボーイズ・ドント・クライ』などのクロエ・セヴィニーらが共演する。 【⇒作品情報はこちら】

『在りし日の歌』4月3日公開

 『我らが愛にゆれる時』などのワン・シャオシュアイが監督を務めた家族ドラマ。1980年代から2000年代にかけて中国激動の時代を駆け抜けた1組の夫婦を映し出す。 【⇒作品情報はこちら】

『暗数殺人』4月3日公開

 韓国で実際に起きた殺人事件を基にしたクライムサスペンス。連続殺人の容疑者と刑事が心理戦を繰り広げる。『チェイサー』などのキム・ユンソクと『背徳の王宮』などのチュ・ジフンが主演し、『エクストリーム・ジョブ』などのチン・ソンギュらが共演。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『最高の花婿 アンコール』(3月27日公開)
『ハリエット』(3月27日公開)
『在りし日の歌』(公開)
『ステップ』(4月3日公開)
『暗数殺人』(4月3日公開)
『デッド・ドント・ダイ』(4月3日公開)
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(※公開延期・初夏公開)
『ソニック・ザ・ムービー』(※公開延期)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]