『燃えよ剣』岡田准一ら美しき新選組メンバー【まとめ】

燃えよ剣

 歴史小説の大家・司馬遼太郎の同名ベストセラー小説を、『関ヶ原』『検察側の罪人』などの原田眞人監督が映画化する『燃えよ剣』(10月15日公開)。岡田准一演じる主人公の土方歳三をはじめ、劇中に登場する新選組メンバーを紹介します。

[PR]

そもそも「新選組」って?

 活動期間は1863年~1869年。幕末、京都守護職である松平容保の配下に置かれ、治安維持や尊攘派志士の捕縛(生け捕り)を主な任務とする警察活動を行なった組織。徳川幕府が江戸で集めた浪士組を京へ上らせ、任務にあたらせた。当初は芹沢鴨がトップであったが、のちに近藤勇、土方歳三が組を率いる。最盛期は隊士数200名を数える大所帯に。年齢や身分を問わず入隊できたが規律に厳しく、内部粛清も激しかった。

燃えよ剣                         土方歳三(演:岡田准一)天保6年(1835)~明治2年(1869)
 副長。武州多摩出身。バラガキと呼ばれた百姓の息子で、武士を夢見て上洛。日本の伝統的な社会・価値観が覆ろうとしている動乱の時代のさなかで、局長・近藤の右腕として厳しい戒律で新選組を統率した。天然理心流。

【岡田コメント】
 原田監督の現場は戦いの現場です。全スタッフ・キャストそれぞれが、求められる高いレベルを目指していく濃厚で幸せな3か月間でした。土方歳三は、いつか自分が演じるかなと思っていた唯一の人物で、言葉では説明しきれない本当に魅力的で面白い役柄です。土方という人物を考え続け、調べ続けた時間を過ごしていたので、皆さんにもその魅力が伝わればいいなと思います。

沖田総司(演:山田涼介)天保13年(1842)~慶応4年(1868)
 一番隊組長。試衛館の内弟子時代から土方と近藤を兄のように慕う。明るく聡明、天才的な剣の使い手だが、若くして病に倒れる。天然理心流。

【山田コメント】
 とても緊張して現場入りしましたが、刺激的で充実した毎日でした。沖田は、感情の起伏が激しくないイメージを持っていたので、変わらないからこそ何を考えてるかわからない怖さを感じてもらえればと思っていました。それとは裏腹に総司を見ているとほっこりする気分にもなってもらいたいなとも思って。そこが難しかったです。

燃えよ剣

近藤勇(演:鈴木亮平)天保5年(1834)~慶応4年(1868)
 局長。土方と江戸の道場・試衛館で共に剣術を磨いた盟友。副長・土方に支えられ新選組の顔となる実直な剣豪。天然理心流四代目当主。

【鈴木コメント】
 僕の今回の役割は、現場の連帯感を生むこと、隊士から愛されることだと考えていました。近藤は、土方や沖田と比べれば凡庸かもしれませんが、人から好かれていて、リーダーらしい男らしさ、人間力、弱さ、そういうものを全部含めて、チャーミングな人になればいいなと思って演じていました。とても楽しかったです。

燃えよ剣

芹沢鴨(演:伊藤英明)天保3年(1832)~文久3年(1863)
 初代筆頭局長。水戸藩出身。剣の達人で学もあるが、酒を飲むと手がつけられず腹心の新見らと悪行を繰り返す。沖田を弟のように可愛がる。神道無念流。

【伊藤コメント】
 大酒飲みで女好きという剣豪の役で、この年齢でものすごく勉強させてもらったという実感があります。殺陣に関しては、現場でうまくできない自分にどんどん追い込まれるようなこともありましたが、全てを包み込んで惜しみなくわかりやすく教えてくださった岡田君に本当に感謝しています。

燃えよ剣

山南敬助(演:安井順平)天保4年(1833)~元治2年(1865)
 副長。試衛館の剣客で、攘夷論を掲げ土方から疎まれている、文武両道の器量人。

燃えよ剣

藤堂平助(演:金田哲)弘化元年(1844)~慶応3年(1867)
 八番隊組長。試衛館の門弟。元・伊東の弟子。

燃えよ剣

井上源三郎(演:たかお鷹)文政12年(1829)~慶応4年(1868)
 六番隊組長。近藤の兄弟子。温かい人柄で隊を支える新選組のムードメーカー。

燃えよ剣

永倉新八(演:谷田歩)天保10年(1839)~大正4年(1915)
 二番隊組長。試衛館の食客。池田屋事件で近藤・沖田と共に活躍。

燃えよ剣

原田左之助(演:吉田健悟)天保11年(1840)~慶応4年(1868)
 十番隊組長。槍の名手として知られる。

燃えよ剣

斎藤一(演:松下洸平)天保15年(1844)~大正4年(1915)
 副長助勤。池田屋事件では土方隊に参加。会津まで土方に付き従う。

燃えよ剣

山崎烝(演:村本大輔)?~慶応元年(1868)
 大阪町人の出から新選組に入隊。監察役として情報収集に暗躍。

燃えよ剣

伊東甲子太郎(吉原光夫)天保6年(1835)~慶応3年(1867)
 参謀。新選組を尊王派に変えようと企む策士。

燃えよ剣

新見錦(演:松角洋平)天保7年(1836)~文久3年(1863)
 芹沢の腹心。押し借りなどの金策を勝手に行い、土方らから睨まれる。

燃えよ剣

中島登(演:渋川清彦)天保9年(1838)~明治20年(1887)
 土方の命で密偵として活躍、蝦夷地まで土方に付き従う。

市村鉄之助(演:森本慎太郎)安政元年(1854)~明治6年(1873)
 土方に可愛がられ、函館で遺品を託されることになる若き隊士

(C)2021 「燃えよ剣」製作委員会

予告編>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]