ADVERTISEMENT

【ネタバレあり】「イカゲーム」知っていたらもっと楽しめるトリビアまとめ

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 Netflixで配信中の韓国ドラマ「イカゲーム」が今、注目の的だ。「愛の不時着」でも成しえなかった、全米Netflixの「今日のTOP10」ランキングで韓国コンテンツとして史上初の1位を獲得しているほか、世界中で大ヒットしている。巨額の賞金をめぐって、大人たちが繰り広げる生か死のサバイバルゲーム。一体、なにが話題となり、観る者を夢中にするのか。「イカゲーム」知っていたら、もっと楽しめるトリビアを紹介!(以下、内容にも触れるので、ネタバレしたくない方は「イカゲーム」鑑賞後にお読みいただくことをおススメします)(文・前田かおり)

 物語の主人公、ソン・ギフンは47歳。妻とは離婚して娘ともなかなか会えず、借金まみれなのに、ギャンブルが止められず、年老いた母の金にまで手を出す始末。ある日、地下鉄のホームで見知らぬ男から「勝てば大金が手に入る」と怪しげな話と共に名刺を渡される。それが「イカゲーム」への招待状だった。謎の孤島に作られた巨大施設の中で、緑色のジャージに着替えさせられた参加者たちと共に、第1のゲームである「だるまさんがころんだ(韓国ではムクゲの花が咲きました)」をすることになる。

 単なる子どもの遊びと思いきや、鬼であるロボットが振り返ったときに動きを少しでも感知すれば、容赦なくその場で射殺される。ゲームは生死がかかったものだったのだ。総勢456名の参加者は次々と脱落していく。だが、最後まで勝ち残れれば、456名分の賞金、456億ウォン(約43億円)が手にできる。ギフンほか参加者たちは巨額の賞金のため、全部で6つのゲームに挑んでいく。

ADVERTISEMENT

タイトルの「イカゲーム」って一体、何?

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 イカゲームとは、地面に〇、△、□でイカのような形を描き、攻守にわかれてそのエリアの中で陣取りをして勝ち負けを決めるという、どこか日本の“ケンケンパ”にも似ているようにも見える、韓国の子供の遊び。本作はそんな子ども時代に慣れ親しんだゲームに、命を懸けて、巨額な賞金を目当てに大人たちが競い合う。「だるまさんがころんだ」を皮切りに、「型抜き」(砂糖で焼いたお菓子のカルメ焼きを線にそって型を抜く)、「綱引き」「ビー玉」「飛び石渡り」そして最後に勝者を決めるのが「イカゲーム」だ。

主演は変態ナルシスト男から凄腕の議員秘書まで何でもござれの名優イ・ジョンジェ

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 金にだらしなく、全く頼りにならないダメ男のギフン。演じるイ・ジョンジェは、キアヌ・リーヴス主演でリメイクされたことでも知られる『イルマーレ』(2001)、妊娠中の妻がいながら、陰で家政婦に手を出すナルシストなご主人様を演じた『ハウスメイド』(2010)、犯罪組織に潜入し、男の絆に葛藤する捜査官役を担った『新しき世界』(2013)、地獄を司る閻魔大王を喜々として演じた『神と共に』シリーズ(2018)、ドラマ「補佐官」(2019)では政治家を目指す凄腕の議員秘書など作品ごとに異なる顔を見せ、韓国エンタメ界では顔良し、演技良し、そして筋肉美でも魅了する人気俳優だ。「イカゲーム」では真逆のくたびれ切った姿で登場、当初は、1ミリも共感できないクズ男を演じているが、ゲームが進むにつれて、実は困っている人や、弱き人間を放っておけない善良さも覗かせてゆく。「イカゲーム」で注目度が上がり、Instagramを開設するや、10日で340万人のフォロワーを獲得(2021年10月2日開設)。最新作は映画『ただ悪より救いたまえ』(12月24日日本公開)で『新しき世界』のファン・ジョンミンと7年ぶりに共演している。

ADVERTISEMENT

ワケありなゲーム参加者を演じるキャストもスゴい!

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 孤独な脱北者のセビョク役で異彩を放ったチョン・ホヨンは、本作が初演技。もともとルイ・ヴィトン、バーバリーなどのハイブランドで活躍する韓国のトップモデルで、オーディションで役をつかみ、一躍時の人に。もともと40万人程度だったInstagramのフォロワー数も配信開始から、急速に増え続け、1,900万人超で韓国女優の中で1位を誇るほど(10月12日時点)。「BLACKPINK」のジェニーとも親しく、彼女が「イカゲーム」の撮影現場を訪問した際の2ショット写真もInstagramにアップしている。

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 ギフンの幼馴染みで元エリート証券マンのサンウ役のパク・ヘス。頭がキレて、ギフンから頼られるものの、その実、一人だけ勝ち抜くことを考える冷酷で狡猾なキャラクターを好演する彼は、舞台やミュージカルで演技を磨いた。「刑務所のルールブック」で野球しか知らない朴訥な主人公を演じて注目を浴び、映画『狩りの時間』では情容赦ないスナイパーを怪演。なお、結婚2年目の妻との間に第一子が生まれたばかりで公私共々順風満帆。次回作もNetflixオリジナル、韓国版「ペーパー・ハウス」で存在感を発揮しそうだ。

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 ゲームに巻き込まれたらしい行方不明の兄を追って、ゲームのスタッフ側に潜り込む警察官のジュノを演じたのがウィ・ハジュン。赤いジャージを着て、単身で兄の行方を探しながら、壮絶なデスゲームの恐るべき舞台裏を目撃することになるという役どころを、ハラハラさせながら熱演する。ウィ・ハジュンはこれまでドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」でヒロイン(ソン・イェジン)の弟を演じたほか、「ロマンスは別冊付録」、映画『コンジアム』などで頭角を現してきた期待の若手で、『殺人鬼から逃げる夜』では聴覚障碍者の女性を執拗に追い詰めるサイコな殺人鬼役で観客を震え上がらせている。

ADVERTISEMENT

ジャンルは問わず、手掛けた作品はヒット確実のファン・ドンヒョク監督

 『イカゲーム』を世界的に大ヒットさせたファン・ドンヒョク監督。これまでに幼い聴覚障がい者への性的虐待事件を描いた原作を映画化し、韓国の世論を動かし、障がい者や13歳未満の児童への性的虐待の処罰に対する改正案「トガニ法」が成立することになった社会派サスペンスの『トガニ 幼き瞳の告発』、次ぐ『怪しい彼女』は70歳の老女が突然20歳の乙女になったコミカルファンタジー、そしてイ・ビョンホンキム・ヨンソク主演で歴史上の史実を描いた時代劇映画『天命の城』。ジャンルは全く違うが、斬新なアイデアで唯一無二な作品を放ってきた。

 監督が着想を得たのは監督デビューして間もないころの2008年。日本のマンガのファンであることを公言している監督は、「当時、漫画本屋に通い、読み漁っているうちに、韓国での漫画のような物語をつくってみたいと思った」と語っている。影響を受けたと言われるのは、「LIAR GAME」や「賭博黙示録カイジ」などデスゲームを描いたものなど。こうした作品からインスピレーションを得て、2009年に最初の脚本を完成させたが、10年前は「暴力的内容で、ちょっと複雑すぎて商業的には難しいと言われ、キャスティングも難航し、手掛け始めて1年ほどでお蔵入りしたのだった。

世界的にも人気の2人のビッグネームがカメオ出演!

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 ギフンに地下鉄のホームで、「メンコ勝負をしませんか」と話しかけ、「イカゲーム」に参加するきっかけを作る謎のサラリーマンを演じたのは、なんとコン・ユ。『新感染 ファイナル・エクスプレス』の大ヒットで、世界的にも知られる彼が「イカゲーム」にカメオ出演したのは、兵役中に『トガニ』の原作を読み、どうしても映画化したいという思いをくんだファン・ドンヒョク監督のおかげで映画が作られたことから。その恩義に報いるために出演を快諾。涼しい顔してギフンをビンタしまくる姿は驚きの一言。そして、もう一人のビッグネームはイ・ビョンホン。『天命の城』でドンヒョク監督と組んだビョンホンはイカゲームを進行するフロントマンで登場する。

ADVERTISEMENT

巨大なセットも!撮影の規模と予算

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 俳優たちのリアルな感情表現を引き出すために作った巨大なセット。その中には1970年代~1980年代の韓国にあったごく普通の路地裏を再現したものにカラフルでポップな色使いのゲーム施設の内部、また「だるまさんがころんだ」に登場する不気味かわいい女の子のロボットなど、総製作費には約200億ウォン(約19億円)がかかっていると言われる。

思いがけないイカゲーム効果

Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 ハロウィーンの仮装アイテムとして、「イカゲーム」の劇中衣装などが人気を博しているという。ゲーム参加者が着ている緑色のジャージに、主催者側のスタッフ着用の赤色のジャンプスーツと、〇、△、□が書かれたフェンシングマスクなどがオンラインショップで販売されている。また、劇中に登場する食べ物や、参加者たちが履いている白のスリッポンの爆発的な売れ行きなど、思わぬ「イカゲーム」特需に沸いている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT