音楽ファンが同人誌を作っていた時代の甘酸っぱいストーリー

2021年10月13日 平沢 薫 ビルド・ア・ガール ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ビルド・ア・ガール

 原作・脚本は、90年代に英音楽誌「メロディ・メーカー」の最年少音楽ライターとなったキャトリン・モラン。90年代、まだ音楽ファンが雑誌を読み同人誌を作っていた時代、英国の田舎の16歳女子が憧れの音楽ライターになるが、予期せぬ失敗も待っていて、というストーリーは、まるで当時の音楽ファンの妄想を映画化したような甘酸っぱさ。実在のバンド名がセリフに多数登場するのにもニヤリ。英国男優揃いで『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン役アルフィー・アレンが人気ミュージシャン役、『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のニック役フランク・ディレインが編集者役。パディ・コンシダイン、クリス・オダウドもいい味。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督の短編映画をまとめて見られるのが連作『Oats Studios』@Netflix。これらのディストピア系SF短編の数々を見ていると、この監督の新しい長編映画が見たくなる。ブラック・コメディ系の短編はちょっと……だけど。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]