ADVERTISEMENT

ゾンビ映画の巨匠ロメロが48年前に撮った高齢者地獄巡り映画

2021年10月19日 なかざわひでゆき アミューズメント・パーク ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アミューズメント・パーク

 ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが、もともとCMや産業映画の作家だったことは有名な話だが、本作は’73年に教会の依頼で作られた高齢者問題の啓蒙映画。若者や家族連れでごった返すアミューズメントパークを現代社会になぞらえながら、高齢者だって人生をエンジョイしたい!と遊びに繰り出した老人が、僅かな所持金をぼられたり盗まれたり、年齢を理由にアトラクションを断られたり若者からバカにされたりなど散々な目に遭う。ロメロらしい悪夢的な社会風刺がてんこ盛り。もはや年金だけでは老後の生活が成り立たない現代の日本人にとっても、まるで我が身の悲惨な将来を見せつけられるようで恐ろしい高齢者地獄巡りホラーだ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT