ADVERTISEMENT

「価値」をめぐるドタバタ珍喜劇

2021年11月25日 森 直人 ダ・ヴィンチは誰に微笑む ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ダ・ヴィンチは誰に微笑む

『ダ・ヴィンチ・コード』と、『皮膚を売った男』『ザ・スクエア 思いやりの聖域』『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』圏を繋ぐ主題と言うべきか。我々が抱え持つ虚栄の象徴でもあるアートと資本の皮肉な関係。このドキュメンタリーも数奇な運命が連鎖するミステリー&ブラックコメディの様に、美術マーケットに渦巻くカネと欲望、奇妙なポピュリズム、政治的なパワーゲームなど巨大な闇を巻き込み転がっていく。

ベン・ルイスの快著『最後のダ・ヴィンチの真実 510億円の「傑作」に群がった欲望』を彩るキーパーソンの「本物」が続々登場するのも見ものだ。2017年、問題のオークション現場の映像もばっちり収められている。

森 直人

森 直人

略歴:映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「メンズノンノ」「Numero TOKYO 」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況:YouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。11月27日より、前田聖来監督(『幕が下りたら会いましょう』)の回を配信中。ほか、松浦祐也さん&カトウシンスケさん(『ONODA 一万夜を越えて』)、首藤凜監督(『ひらいて』)、大石規湖監督(『fOUL』)、𠮷田恵輔監督(『空白』)、春本雄二郎監督(『由宇子の天秤』)、ウエダアツシ監督(『うみべの女の子』)、沖田修一監督(『子供はわかってあげない』)、内山雄人監督(『パンケーキを毒見する』)、片山慎三監督(ドラマW『さまよう刃』)、横浜聡子監督(『いとみち』。月永理絵さんとのダブルMC)、松居大悟監督(『くれなずめ』。SYOさんとのダブルMC)、藤元明緒監督(『海辺の彼女たち』)、さかはらあつし監督(『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』)、池田暁監督(『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』)、前田弘二監督&脚本・高田亮さん(『まともじゃないのは君も一緒』)、岨手由貴子監督(『あのこは貴族』)、今泉力哉監督&冨永昌敬監督(脚本/『あの頃。』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

森 直人さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT