ADVERTISEMENT

贅沢すぎるキャストが、世界の終わりを見届ける!?

2021年12月12日 くれい響 ドント・ルック・アップ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ドント・ルック・アップ

半年後に、巨大な彗星が地球に墜落するディザスタームービーの形を借りた、“アダム・マッケイ監督版『博士の異常な愛情』”。天文学者のレオがTVキャスターのケイト・ブランシェットと浮気し、やけっぱち状態なジェニファー・ローレンスを口説くティモシー・シャラメら、贅沢すぎるキャストに、畳みかけるセリフと編集、政界や企業、マスコミに対するブラックな笑いと、相変わらずのマッケイ節だ。コロナ禍前なら「んなアホな!」と笑い飛ばせるが、今観ると妙に真実味を帯びてくる怖さ。そんな身近なテーマのほか、『エンド・オブ・ザ・ワールド』にも似た後半の展開など、マッケイ作品にしては万人向けといえるだろう。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE web」にてモモコグミカンパニーさん、SKE48さん、中川翔子さん、真洋(mahiro)さん、「GetNavi web」にて今泉力哉監督、佐久間宣行さん、岸明日香さん、堀田真由さん、「CREA WEB」にて毎熊克哉さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT