ADVERTISEMENT

国後島のリアルな「今」を映し出す貴重なドキュメンタリー

2021年12月13日 なかざわひでゆき クナシリ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
クナシリ

 北方領土・国後島の現在を記録したドキュメンタリー。島のあちこちに今も残る日本人の生活の痕跡が、かつてここが日本の領土であったことを物語る。ソ連侵攻後に真っ先に潰されたのが売春宿だったなど、当時を知る高齢住民が語る日本人の記憶も興味深い。現地当局はロシア実効支配の正当性を学校でも教えているようだが、しかし実際にそこで暮らす住民たちの生の声は非常に複雑だ。広大なロシアの片隅に位置する北方領土は、ソ連解体後の中央政府からは長年放置され続け、今なおまともな雇用もなければインフラも整っておらず、住民の大半は深刻な貧困にあえいでいる。遠く海の向こうに見える明るい日本の夜景に、彼らは何を思うのだろう。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT