ADVERTISEMENT

今回も、見た後であれこれ語り合いたくなる

2021年12月17日 平沢 薫 マトリックス レザレクションズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マトリックス レザレクションズ

 今、私たちの目の前に出現するのものは、ただの映画ではなく、かつて社会的現象となった映画を、約20年の歳月を経て作者自身が新たに描くという異常事態。なのだから、それが普通の続編映画だったら満足出来るはずがない。『マトリックス』のファンは皆そんな気持ちで映画に臨むに違いないが、ラナ・ウォシャウスキー監督はこちらのそんな要望など、とっくに見越している。本作は『マトリックス』映画自身が語る、『マトリックス』とは何だったのか、そして今は何なのか、なのだ。そんなメタフィクション的な面白さが詰め込まれ、最後にはこの物語がラナ自身の物語にも見えてくる。そして今回も、見た者同士であれこれ語りたくなる。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:SFアニメ・アンソロジー『ラブ、デス&ロボット』@Netflix のシーズン3が配信に。今回の裏テーマは黙示録? ティム・ミラー監督『巣』の原作はブルース・スターリング。シーズン1『目撃者』のスペイン出身監督アルベルト・ミエルゴの『彼女の声』のビジュアルも強烈。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT