ADVERTISEMENT

革新作品の復活という意味で、とりあえず自分の目で確認を

2021年12月17日 斉藤 博昭 マトリックス レザレクションズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マトリックス レザレクションズ

前3作の設定の再確認は一苦労だが、むしろすべて忘れて没入する方がいいかも。基本的に観る者を混乱させる設定であり、主人公の目線でそのカオスに巻き込まれたい。つまり「マトリックス」初心者も気後れしなくて良いかと。そう考えれば、登場人物が状況をじっくり説明する描写が逆に冗長に感じる。多少の混乱をスルーしても、しっかり伝わるのが、ネオとトリニティーのラブストーリー。そこを軸にテンション持続で観たい。

「マトリックスがゲームとして存在する世界」という遊び心は、現実と仮想が交錯する本作のテーマを表しつつ、楽屋落ちユーモアに賛否分かれるのでは?

前3作の映像が重ねられると、特に1作目の革新性を再認識。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとしてさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:『ウエスト・サイド・ストーリー』公開に合わせて、東山紀之さんのCM撮影や各種インタビューをお手伝い。作品への愛をまっすぐに受け止めて、こちらも感激。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT