ADVERTISEMENT

エネルギッシュでスピード感たっぷりの娯楽作

2021年12月21日 猿渡 由紀 レイジング・ファイア ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レイジング・ファイア

正義感あふれる刑事と悪い刑事の構図も、腐敗やリベンジといった要素も、決して新しくはない。だが、それらをものすごく上手にやっているのだ。アクションはクリエイティブでスピード感たっぷり。この手の映画ではお決まりであるクライマックスの1対1の闘いはとりわけ興奮させるが、ストーリーも考えられていて、そこに至るまでのふたりの過去もドラマチック。それぞれの映画ごとに、役とストーリーにふさわしいアクションをやってみせるイェンには、感心させられっぱなし。悪役を演じるニコラス・ツェーもカリスマにあふれる。エネルギッシュな娯楽作。これを最後にこの世を去ったベニー・チャン監督が惜しまれる。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT