ADVERTISEMENT

伝説のパイセン、終始戸惑う

2021年12月24日 くれい響 マトリックス レザレクションズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マトリックス レザレクションズ

ゲーム業界が舞台のメタ・フィクション的な展開で幕を開けるなか、ムリヤリOB会に参加することになった伝説のパイセン・ネオ兄さんが、後輩から浴びせられるカリスマ視や仲間やライバルの風貌の変わり具合に戸惑いまくる! “二代目・特攻隊長”な新キャラ・バッグスの活躍は目立つものの、オトナの恋のライバルとしてチャド・スタエルスキ監督が登場するなど、前3部作を踏まえたファン以外はポカーンな楽屋落ち多数。しかも、ゾンビ映画と化すクライマックスなど、視覚的な新しさはほぼなく、作品ごとに進化するクリストファー・ノーラン監督作や『ワイスピ』シリーズと比べると、どこか時代が止まってる感は否定できない。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE web」にてモモコグミカンパニーさん、SKE48さん、中川翔子さん、真洋(mahiro)さん、「GetNavi web」にて今泉力哉監督、佐久間宣行さん、岸明日香さん、堀田真由さん、「CREA WEB」にて毎熊克哉さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT