ADVERTISEMENT

野獣刑事ドニーVS.闇落ちニコラス

2021年12月24日 くれい響 レイジング・ファイア ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レイジング・ファイア

ひと言でいえば、『SPL/狼よ静かに死ね』『導火線 FLASH POINT』を経た“ドニー・イェン版『香港国際警察/NEW POLICE STORY』”。とはいえ、後輩メガネくんから最凶の宿敵にまで闇落ちするニコラス・ツェーが異常なまでの存在感を放ち、ドラマチックに昇華していく。徹底して正義を貫き、恐ろしいほどカッコ良く子供も救うブレないドニーのプロデュースの下、谷垣健治を筆頭とする甄家班に、成家班と袁家班のエキスパートが集結し、それぞれの持ち味を発揮するアクション・シークエンスも見どころだ。そして、ニコラスの主題歌「對峙」が流れ、故ベニー・チャン監督に捧げられた号泣エンドロールに、★おまけ。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE web」にてモモコグミカンパニーさん、SKE48さん、中川翔子さん、真洋(mahiro)さん、「GetNavi web」にて今泉力哉監督、佐久間宣行さん、岸明日香さん、堀田真由さん、「CREA WEB」にて毎熊克哉さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT