ADVERTISEMENT

ベニー・チャン監督の反骨精神が漲る香港アクション

2021年12月28日 なかざわひでゆき レイジング・ファイア ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レイジング・ファイア

 権威主義的な警察上層部の命令に従わず不当な扱いを受ける刑事と、命令に従ったせいで不祥事の責任を押し付けられた元刑事が、お互いの正義を賭けて死闘を繰り広げるという香港アクション。劇中で富裕層に忖度する香港警察幹部への批判は、それすなわち中国政府に忖度する現実の香港警察幹部への批判と見ていいだろう。韓国映画などに比べると奥歯に物が詰まったような表現だが、恐らくこれが現在の香港映画においては精いっぱいの抵抗なのかもしれない。ベニー・チャン監督の反骨精神が漲る遺作。谷垣健治が監修を務めたハードなスタント・アクションも見どころ。ニコラス・ツェーの悪役がまたカッコいい!

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT