ADVERTISEMENT

雪の下には暖かなものが隠されている

2021年12月29日 平沢 薫 ユンヒへ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ユンヒへ

 すべてを雪に覆われて、その下に本当の姿を潜めている北の町。その風景が、想いを外に出すことなく、しかし失うことなく、ずっと胸の中に秘め続けている女性2人の姿に重なる。そして、積もった雪の下に隠されているものは、こちらの予想とは違う、とても温かいものなのではないかと思わせる。
 もう若くない2人が、お互いに離れて暮らしていながら、ただ心の中で愛し続けるのだが、映画はそれを肯定的に描く。2人が自分で選んだ道を歩いているので、周囲もそんな2人を否定しない。愛するということは、結ばれて共に暮らすことが到達点ではなく、こういう形であっても意味があるのではないか、そんなふうにも感じられてくる。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:どちらもまだ途中だけど、クライム・サスペンスかと思ったらかなり変化球の「シャイニング・ガール」@Apple TV+、西部ドラマかと思ったらそれだけじゃない「アウター・レンジ〜領域外〜」@Amazon Prime がスゴくて、最終話が楽しみ。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT