ADVERTISEMENT

バイオレンスとアクションに彩られた因果応報の物語

2021年12月29日 なかざわひでゆき ただ悪より救いたまえ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ただ悪より救いたまえ

 プロの暗殺者として生計を立てる元工作員インナムが、臓器売買ビジネスに巻き込まれて誘拐された幼い娘を救うためタイへ向かったところ、その彼に実の兄を殺された狂暴な殺し屋レイが追いかけてくる。繰り広げられるのは「生き延びるために人を殺してきた男」と「人を殺すことが生き甲斐になってしまった男」の凄まじい殺し合い。罪深い人生に終止符を打って引退を考えていたインナムにとって、レイは逃れようにも逃れられない過去からやって来た怪物だ。そんな彼のせめてもの罪滅ぼしが娘の救出なのだろう。壮絶なバイオレンスとアクションに彩られた宿命的な因果応報の物語は、ある意味でシェイクスピア的ですらある。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT