ADVERTISEMENT

利益を重んじて人命を軽視する巨大企業の怖さ

2021年12月31日 なかざわひでゆき ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男

 アメリカの大手化学メーカー、デュポンが人体に有害な化学物質(当時テフロン加工に使用されていたPFOA)を廃棄し、大勢の近隣住民が深刻な健康被害を被っていることを知ったエリート弁護士が、キャリアばかりか命の危険すら顧みず巨大企業の不正を暴くために立ち上がる。実話を基にしたアメリカ版・水俣病裁判。利益を重んじて人命を軽んじる大手企業の卑劣さにゾッとすると同時に、巨大な権力に怖気づいて忖度してしまう人間の弱さ、田舎者を蔑視するエリート階級の傲慢さなども、環境汚染が長いこと放置された背景に浮かび上がる。それだけに、周囲から変人扱いされても弱者のために戦う主人公の正義感と勇気が際立つ。見応え十分!

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT