ADVERTISEMENT

三者三様の視点で描かれるラスト・コンゲーム

2022年1月2日 くれい響 コンフィデンスマンJP 英雄編 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
コンフィデンスマンJP 英雄編

シリーズとしての限界を感じた前作『プリンセス編』だったが、マルタ島を舞台にダー子ら、3人のバトルロイヤルが繰り広げられる本作は、プライベートの東出昌大へのお仕置きとも取れるボクちゃんの扱いのほか、ジェシーとスタアの健在っぷりなど、とにかく製作陣のコンフィ愛&チーム感が止まらない! 三者三様+α、それぞれの視点からなる「羅生門」構成によって、3人の過去が描かれるほか、さすがにないと思われたコックリの参戦、もはやお約束な赤星弄りなど、ファン心をくすぐる仕掛けも満載だ。そして、“インターポールの狼”を演じる瀬戸康史は「ルパンの娘」を経た本作と『愛なのに』で、完全に一皮剥けた感アリ!

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『フォーエバー・パージ』『義足のボクサー GENSAN PUNCH』『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「CREA WEB」にて木幡竜さん、「GetNavi web」にて玉山鉄二さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT