ADVERTISEMENT

サスペンスに多様な感情と問題提議が盛り込まれている

2022年1月4日 平沢 薫 スティルウォーター ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スティルウォーター

 米オクラホマで暮らす失業中の石油採掘員の主人公は、フランスのマルセイユで殺人容疑のため収監された娘を救うことが出来るのか、というサスペンス映画の形をとりつつ、そこにさまざまな感情と問題提議が詰め込まれている。親と子について、移民や異文化について、愛について、主人公は異国の地で行動しながら、自分がそれまで当然だと思っていたことが、別の場所ではまったく通用しないことを知り、初めて自分が無意識のうちに持っていた傲りと偏見に気づく。そんな無骨だが真摯な主人公が、マット・デイモンによく似合う。映画の最後の主人公の言葉が、すべてのドラマを集約して胸に響く。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:SFアニメ・アンソロジー『ラブ、デス&ロボット』@Netflix のシーズン3が配信に。今回の裏テーマは黙示録? ティム・ミラー監督『巣』の原作はブルース・スターリング。シーズン1『目撃者』のスペイン出身監督アルベルト・ミエルゴの『彼女の声』のビジュアルも強烈。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT