ADVERTISEMENT

時を超えた母と娘の愛情に大号泣必至!

2022年1月9日 なかざわひでゆき こんにちは、私のお母さん ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
こんにちは、私のお母さん

 何をやってもうだつが上がらず、大好きな母親に心配ばかりかけている娘が、ひょんなことから自分が生まれる前の1981年へタイムスリップし、独身時代の母親と遭遇する。娘にとって母親は子供の頃から既に中年のオバサン。でも、目の前にいる母親は将来への希望に溢れる溌溂とした若い女性だ。私みたいな娘を産んで苦労するより、もっと幸せな人生があったんじゃないか。そう考えたヒロインは、母親に別の人生を選択させようと奔走する。これは全ての名もなき母親たちへのラブレターであり、同時に全てのダメな子供たちへの応援歌。貧しくも素朴な時代の中国と母親の青春が鮮やかに甦り、全ての辻褄が合うクライマックスは大号泣必至だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT