ADVERTISEMENT

家名という重荷に耐えるか、それとも利用するか!?

2022年1月14日 相馬 学 ハウス・オブ・グッチ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ハウス・オブ・グッチ

 名門ファッションブランドのスキャンダラスな実話も、R・スコットの手にかかると狂暴なドラマと化す。

 なにしろ、愛と欲望、野心と猜疑心が交錯する壮絶な物語。華やかな世界を題材にしつつも、それを強調せず、キャラの心理に肉迫する。名門を重荷に感じる男と、それを利用してのし上がる妻らの思いが交錯。グッチという大きな家名を背負った者たちの、それぞれの生き方が面白い。

 主要キャストはそれぞれに大熱演で、草食系グッチのA・ドライバーもイイ味を出しているが、やはり肉食系グッチ、ガガのインパクトが大。そして、このような強い女性にフォーカスしたとき、スコットの映画は狂暴なまでに吸引力を増す。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『アイス・ロード』『マリグナント 狂暴な悪夢』『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』他の劇場パンフレットに寄稿。『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』の劇場パンフレットでは友人の作家、桜井鈴茂と対談しました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT