ADVERTISEMENT

ただのリベンジ系アクションにあらず

2022年1月20日 なかざわひでゆき ライダーズ・オブ・ジャスティス ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ライダーズ・オブ・ジャスティス

 列車事故で最愛の妻を失った軍人。同じ列車に乗り合わせて生き残った数学者。犯罪裁判の重要証人が事故の巻き添えになったことから、これが事故ではなく仕組まれた計画殺人ではないかと疑った彼らは、仲間を集めて犯罪組織への報復を開始する。いわゆるリベンジ系アクションの趣きだが、しかし見終わった後の印象はだいぶ異なる。人はなにか理不尽な目に遭った時、その出来事に何らかの意味を求めて自分を責めたり、誰かを恨んで憂さを晴らそうとしがちだが、しかしそれで本当に悲しみや痛みは癒えるのだろうか?それぞれに深い心の傷を抱えた主人公たちが、その問いに自分なりの答えを見つけていく。思いがけず味わい深い作品だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT