やってるコトは凄いが人間が軽い(笑)。

2014年8月31日 ミルクマン斉藤 クライマー パタゴニアの彼方へ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
クライマー パタゴニアの彼方へ

セロ・トーレというと、ヘルツォーク・ファンなら “疑惑の登頂”をモチーフとした『彼方へ』を想起してしまうはず。とてつもない難所なのは判るが、本作の主人公D.ラマがなんだかイイ加減(笑)。「先人が岸壁に遺したボルトなんて使わずにフリー・クライムしてやるぜ!」みたいなことを公言しておきながら、あっさりボルトを使って失敗したり成功したり (結局どちらもネットでディスられる)。ドキュメント班のドタバタも開示しつつ、いよいよフリーで挑む三回目のチャレンジでも「登頂すれば自分のことをもっと知れる気がした」なんてガキっぽい感想しか出てこない始末。ま、山登りをやたら人生と結びつける鬱陶しさより遥かにマシだが。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]