ADVERTISEMENT

あえて進化させない、という大胆な試み

2022年5月16日 平沢 薫 トップガン マーヴェリック ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
トップガン マーヴェリック

 あえて進化させない。それが製作者トム・クルーズのコンセプトなのではないか。1986年の映画の続編を、36年後の今、当時と同じ世界観で描く。夕陽の中を走るオートバイ、海辺で興じる球技など、シーンも映像のタッチも『トップガン』を連想させるものが続々。ストーリー展開も、きっとここでこうなるだろうと思うとその通りになる、当時のハリウッド映画の王道パターン。本作は、そのようにして『トップガン』の輝きを甦らせようとする大胆な試みに見える。製作陣がその難関に立ち向かう姿勢が、本編のドラマに重なっても見える。そして、彼らの決意の強さと大胆さもまた、『トップガン』が持っていものだったことに気づかされる。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:ニール・ゲイマンの原作コミックをドラマシリーズ化する『サンドマン』@Netflixの8/5配信日決定予告編が登場。この機会に、まだ途中までしか刊行されていない、原作コミック日本語訳版が全巻刊行されたら嬉しいのだが、さて。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT